食べ合わせの方法とは2  食べ合わせの方法とは

食べ合わせの方法とは 2



TBSテレビの「ドリームープレス」でも、その具体的な食べ合わせの一例を紹介していました。焼肉には、その含有成分の乳酸菌が脂肪燃焼をアップさせるキムチを、ラーメンの前には血糖値の急激な上昇を抑える野菜ジュースを、といった具合です。ちなみにどうして血糖値の急激な上昇がダメなのかといいますと、前にも触れましたように、血糖値の急激な上昇は中性脂肪を蓄えやすくしてしまうからです。その各食品の指標がいわゆるGI値です。

焼肉以外にも、ステーキなど牛肉の場合には、脂肪だらけのサーロインではなく、できるだけヒレやモモ、赤身の部位を食べるべきことが知られています。さらにステーキを食べる際に付け合せとして出てくるクレソンには、鉄分、カルシウム、カリウムといったミネラル類が豊富であり、またビタミンA・Cも多く含有されています。消化・排出に効能があり、いわゆるGI値を抑えることができます。

ラーメンを食べる際には、そのつゆは脂肪の吸収を早めるので残すのが賢明だとは、これもよく知られているところです。

ここで、これまで述べてきたところをカンタンにまとめる意味で換言しますと、ダイエットにはなるべくカロリー表示を気にして一食あたり530〜730キロiを目安にし、それでも脂肪分の多く含有されているお料理を食べなければならない場合には、なるべくその中でもGI値の低い食品を選択しまして、さらにそこにできるだけ野菜などの食物繊維を添えます。さらにフルーツなどで、ミネラル類やビタミン類もできるだけ足すようにします。最後に各食品類の相性を、上記のように次善に考慮していけばいいということになります。











0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ