食べ合わせの方法とは6  食べ合わせの方法とは

食べ合わせの方法とは 6



食物繊維に属する食べ物は、かぼちゃやジャガイモなどを除いて、基本的にGI値が低くなります。また食物繊維の作用として、不溶性食物繊維及び水溶性食物繊維を問わず、老廃物や余分な水分を体外に排出するため、それら食物繊維を日常的に食べあわせているだけでも、大抵痩せる効能を期待することができます。

特に足のむくみといった軽い「肥満症状」のある方にとっては、身体を温めることと共に、現代の日常生活では余分な水分を知らず知らずのうちに経口してしまっているために、食物繊維の摂取及び、腎臓機能を活発化させることで利尿作用を促す食品を含むことで、むくみを即効的に解消することが期待できます。

例えば、ジャスミン茶には著しい利尿効果を期待できます。また紅茶には、茶特有の利尿作用と共に、体を温める効能が云われておりまして、体を温めることで基礎代謝を活発化させてくれます。これに腎臓機能を活発化させて利尿作用があり、また解毒作用も主な効能として云われてます しょうが を組み合わせて摂ることも、ニンジンダイエットなどで知られています、医者の石原結實先生が提唱しています。

また酢の物などの「酸」、さらに牛乳などの乳製品には、消化・吸収を遅らせる働きがあることから、血糖値の上昇度を和らげ、中性脂肪の蓄積を妨げてくれるとされています。これらに、野菜や海藻、豆類、きのこ…といった食物繊維を、例えば一品料理として、食べあわせることがダイエットの成否にとって大切となってきます。

伊達先生が、野菜ジュース + ラーメン と提唱なさっているように食物繊維にも言えることかもしれませんが、特に酢の物は、食前に摂取しておくと、より効果的だとされています。











0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ