具体的な食べ合わせ  食べあわせのレシピ

具体的な食べ合わせ


食べあわせによるダイエットは、綿密なカロリー計算やインシュリン分泌量を計って実施していく点で、まさにダイエットを突き詰めた方法論という感じもします。

まず最初に、具体的な食べあわせの方法を、バストアップや下腹などの各部位別のシェイプアップ法をも順々に視野に入れながら、以下から見て行こうと思います。


●バストアップにはたんぱく質が重要

あるダイエットをするにしても、もちろん男性の筋肉の付き方にも該当しますが、特に女性の場合であれば、くびれやバストアップ、ヒップアップ、太ももの形状などの形状へ果たす作用も気になるはずです。

本来的にエクササイズの方法としてもっとも理想的なのは、部分太りの要因である体のゆがみをまず解消することが大事だとされています。それらのゆがみの矯正を狙った方法論として、骨盤ダイエットを謳う各やり方、さらに最近では腰回しダイエットの亜流ともいえるコアリズムが流行っています。これらのエクササイズについては 流行りのダイエットの口コミと効果 や、全額返金保障のついた ⇒ 豊胸・バストアップ法 などなどご参照ください。



食べ合わせに話題を戻しますと、特にくびれやバストアップなどには筋肉の組成に必要なたんぱく質をいかに摂取するかが大事だとされています (もちろん脂肪分に関しては、いかに低く抑えるかが問われています) 。

高たんぱく食品といえば、牛肉や鶏肉、魚類などがすぐに挙がります。

牛肉に関しては、脂肪も多く含有されているため、ダイエットの為には赤身、ヒレ、モモを食べるようにと指導されます。鶏肉であれば、唐揚げなどは避け、ヒレ、モモ、さらにササミを食べるように言われます。

一方、魚類であれば、牛肉や鶏肉同様に高たんぱく食品の一つでありますが、青魚を食べるといいとされています。

理由として、魚類のなかでも青魚の場合、それらに含有されている脂肪酸には、牛肉の場合などと違って、コレステロールを分解する作用があるとされているからです。

青魚の代表には、具体的にさんま (秋刀魚)、いわしなどが挙げられます。



毎日の食事の際には勿論、運動後には1時間以内にたんぱく質含有食品を摂取するといいとされているのは、その時間帯が筋肉組成にもっとも適した時間だとされているからです。

さらに、たんぱく質を体内にスムーズに吸収する作用を果たすのが、ビタミン類やミネラル類、食物繊維などですが、特にビタミンB群 (大豆、とうもろこし、さやいんげん、アスパラガスなど) を同時に摂取することが良いこととされています。

また、サプリメントとしては、 グラマー×グラマーや、他に モデルモード などが楽天などでベストテンの常連として知られていますが、サプリメント摂取の際には、腎臓に負担が掛かりますので過剰摂取に気をつけることと、摂取の際の効能をより効率的に引き出すためには、まずエクササイズと食事習慣が大事となることは言うまでもありません。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ