食べ合わせのメニュー その1  食べあわせのレシピ

食べ合わせのメニュー例 その1

ここでは食べ合わせダイエットでの具体的なメニューの取り合わせについて代表的なものの一例を示していきたいと思います。



●麺類を食べる時

ラーメンやうどん、そば といった炭水化物は 糖質+食物繊維 で構成されております。その場合、ビタミン類とたんぱく質の含有食品を取り合わせるといいとされています。具体的に野菜を一緒に摂取すること、例えば、ほうれん草のお浸しなどが一般的ですが、ツナサラダなどです。最近では野菜ジュースも、取り合わせて摂取することが難しいとされるカリウム(塩分排出作用が知られている)が漏れなく含有されており、併行して摂取するにはいいとされています。


●カレーライスを食べる時

麺類と同様で、ビタミン類とたんぱく質の不足を補うことが必要です。赤身やヒレなどの肉類を添える、牛乳、野菜などを併せて摂取するといいとされています。


●丼 (どんぶり) モノを食べる時

麺類やカレーライスと同様です。一品としてお惣菜などをつけるといいとされています。


●焼肉を食べる時

野菜、韓国風ですとキムチがいいとされています。キムチには伊達友美先生もおっしゃっていましたが、乳酸が含まれています、乳酸は、一方で疲労物質とされていますが、筋肉作用を和らげ脂質を分解する作用があるとされています。楽天で常時ランクインされている LO2 というサプリメントも、この作用に着目したものといえます。



その他に、参照させてもらっています楽にダイエットをこなす方法をまとめたレポートも引用しておきますので、ご興味のある方はどうぞ 。⇒ スーパーダイエット 意志に関係なく痩せていく





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ