食べ合わせのメニュー例 その5  食べあわせのレシピ

食べ合わせのメニュー例 その5



カロリーカットの主目標は、主に摂りすぎた飽和脂肪酸の排出にくだかれていました。コレステロールや中性脂肪の要因であり、脳梗塞や心筋梗塞の主原因とされています。

特に牛肉などのサーロイン、鶏皮、バター等には飽和脂肪酸が多く含有されており、肉類を召し上がる際には、できるだけヒレやモモなどを摂るように指導されるのもそうした理由にあります。

ここで、食べ合わせダイエットの真価として、果実や野菜に多く含まれているペクチンには、LDTという悪玉コレステロールを除去する機能があるため、動脈硬化などの予防となり、さらに人の腸内で水溶性食物繊維として、固形化した飽和脂肪酸を排出作用があります。

ぺクチンの多く含有されているものとして、オレンジ、りんご、グレープフルーツ、レモンがあります。上記のような油っこい食品には、これらをなるべく「生」で食べ合わせることをお勧めしたいです。








0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ