北原鈴淳尺八教室in八王子  音楽

  
クリックすると元のサイズで表示します



 
  指導者  鈴慕会 大師範

            
            北 原 鈴 淳







音楽歴  
長野県飯田市立追手町小学校5〜6年で器楽班に入り、小太鼓を担当。

東中学校2年から飯田高校の吹奏楽班でユーホニュームを担当(5年間)

大学の三曲研究部で琴古流尺八を始め、故二代青木鈴慕・人間国宝(2018年8月21日死去)に師事
      
1972(昭和47)年1月 浅草国際劇場の「艶歌のすべて 北島三郎ショウ」 で10日間「仁義」「盃」「誠」を尺八伴奏
      
1976(昭和51)年 渋谷東邦生命ホールで尺八リサイタル
曲目「みだれ」「一定」「箏四重奏曲」「詩曲」「鹿の遠音」「千代の鶯」

1991(平成3)年3月 NHKFM放送「邦楽のひととき」
に「明治松竹梅」出演
さらに1991(平成3)年7月「泉」、1992(平成4)年「末の契り」、1992(平成4)年6月「泉」再放送、など出演

      
2007(平成19)年 北原尺八教室をめじろ台に開設

2021(令和3)年、芸歴(芸道・竹道)55年を迎えた

稽古場 東京都八王子市めじろ台2丁目
      (京王線めじろ台駅徒歩6分)
     
      電話 042−668−1278
(お問い合わせは午前8時〜午後8時まで)

稽古日 日曜日・月曜日・火曜日・木曜日(午前10時から午後5時までの予約制)        
    ご希望により他も可能な日(午前中など)があり、ご連絡下さい。
月謝   
月2回、5000円 (1回約50分間)
月3回、7000円 (1回約50分間)
月4回、8500円 (1回約50分間)
ワンレッスン、3000円 (約1時間)

その他、ご希望により特別ワンレッスン2時間を設けます。(5000円)

入門料 3000円(ホームぺージご覧の方は半額の1500円)
      入門者には自費出版のCD1枚差し上げます。

初心者から対面式で一人一人指導します。まずは基本の音出しから。
 古曲を中心に宮城曲、現代邦楽、歌謡曲までご希望にも応じます。

琴古流本曲 三谷菅垣・雲井獅子・虚空鈴慕・鹿の遠音 など

地唄筝曲  黒髪・千鳥の曲・笹の露・残月・八重衣 など

宮城曲   春の夜・春の海・初鶯・泉・虫の武蔵野 など

現代邦楽  風動・詩曲・一定・萌春・出雲路・箏四重奏曲 など

その他ご希望により 童謡・唱歌・歌謡曲(著作権法に触れない曲)など

体験レッスン 500円(約60分) ご予約ください

初めての方には、安価な樹脂製の尺八「悠」(¥11000+税で、良く鳴ります)を取り寄せます。竹製欲しい方は、別途ご紹介します。
取りあえず、貸し出し用のプラ管あります。

練習の状況により箏や三絃と時々合奏練習をして、年に一度は稽古場でおさらい会をします。

1976年北原康夫尺八リサイタルより、
杵屋正邦作曲・尺八独奏曲「一定」(いちじょう)が聞けます。
長澤勝俊作曲
「独奏尺八のため詩曲」
上記、青色線をクリックしてください。

金曜日・土曜日は箏・三絃教室も開いています。
こちらのホームページをご覧ください。
http://ivory.ap.teacup.com/koto8/


近況と雑感(7/28) 

7月12日、テレビ東京の「世界!ニッポン行きたい人応援団」の番組でイタリアのヤコボさんが出演して、尺八製作と教会で「アメイジンググレイス」を演奏していた。

自分で真竹を掘り、バーナーで竹の油を落として、何年か乾燥させる。工程では曲がりの直しや手穴開け、管内の漆塗り、音程作りなどがある。

コロナ禍で日本に呼べないが「日本に行きたい!」で番組は終わってしまった。仮に日本に来たら、さてどこの工房に行くのか?楽しみだ。

27日、八王子の飲食店に行ったら、注文は卓上のQRコードをスマホで読み取って注文するシステムだった。もちろん呼び出せば来てはくれるが、挑戦してみた。結局あるところで前に進めなくなって、係員を呼んだ。

それ以前にレストランではタブレットで注文したり、大手回転寿司店では、注文はタブレットの上、お客が自ら会計をするシステムになっていた。

某スーパーでも一部にセルフレジがあり、一度経験した事がある。

最近、コーヒー店を利用する時は、ほとんどスイカを使用している。ポイントカードも使用する。いやはやもう凄い時代がやって来たものだ。

門下生へ
尺八は定期的に練習だけはしておいてください。しばらく練習しないと顔や腕の筋肉が衰え、回復に時間がかかります。

毎週月曜日のNHKFM午前11時20分に「邦楽のひととき」があります。聞けたら聞いてみてください。
又、土曜日のNHKFM午前11時より「邦楽百番」があり、一流の演奏家を中心とした演奏が聴けます。


7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ