2018/5/5

三代青木鈴慕襲名披露演奏会  音楽

雨も上がった5月3日(祝)、国立小劇場で行われた「三代青木鈴慕襲名披露尺八演奏会」に行ってきた。「鈴慕会創立110周年記念演奏会」でもあった。

クリックすると元のサイズで表示します

私も鈴慕会会員であり、本来は出演すべきだったが、都合により欠演した。
10年前の100周年記念演奏会には出演して、本曲など2曲くらい演奏したのだった。

今回は二代青木鈴慕の長男である彰時氏が三代青木鈴慕を名乗り、二代は青木鈴翁となった。

招待状をいただいたので開演から終演まで、7時間以上も聞いていた。

開場の11時30分前から並び、門下生の分も席を確保した。真ん中前から7列目のいい場所だった。
ロビーで昼食の「カツサンド」を頬張り、コーヒーも流し込んだ。

開演は12時。先ずは壮観な人数(95人)による古典本曲「雲井獅子」で始まった。

全26曲の長丁場である。
途中どこかでトイレに行く必要あり、加えて切符を買っていただいた門下生など5人を探そうとした。

メールで席を教えた1番弟子は1時30分過ぎに合流出来た。

何しろお祝いだから曲目は「獅子物」が多かった。
「八千代獅子」「御山獅子」「越後獅子」「吾妻獅子」など。「笹の露(酒)」「尾上の松」「松竹梅」「都の春」「楓の花」など、めでたい曲もずらりと並んだ。

各曲の箏・三絃はほとんど家元で、誠に素晴らしい演奏で、それにも負けないくらいの鈴慕会員の演奏であった。

懐かしい面々が演奏をしている。
私もそうだが、すっかり歳を召された会員がしっかり演奏しているのをみると、感心する。
演奏者同士が50年振りに会ったとも聞いた。

たまたま休憩時には、他の門下生に会えたし、演奏者にも会えた。

かつて私の尺八リサイタルでご一緒した箏奏者や、NHKFM放送で共演した先生方を見て、感慨無量である。

最後は三代青木鈴慕(本手)による琴古流本曲「巣鶴(そうかく)鈴慕」だったが、その息子である青木滉一郎が「替手」を演奏した。

この曲で立方「花柳輔太朗」が舞踊を舞った。自分を鶴に見たてて着物の両袖をつかみ、何度も羽ばたいていた。

事前に東京新聞にも掲載されたが、当日は総勢400人の出演だそうだ。

舞台は回り舞台で、次の曲は舞台裏で準備をするのだが大変な騒ぎだったことだろう。
三代青木鈴慕はほとんど出ずっぱりで、その体力は凄いものがある。
演奏も素晴らしく、性格も良く皆さんに気に入られている。

ご長男の滉一郎氏は東京芸大邦楽科尺八の大学院で尺八を学んでおり、ほとんどを暗譜で演奏出来るくらいの凄い才能の持ち主であり、鈴慕会は連綿と続く筈だと確信を得た。

クリックすると元のサイズで表示します

パンフレットに写真が掲載されており、初代青木鈴慕が右頁の写真の真ん中右に写っている。

経歴によると彰二氏は6歳で尺八を習い出したとあるが、考えてみれば私が大学を卒業して、NHK邦楽育成会に通っていた頃である。

二代目先生宅に稽古に伺った頃は小学生で、可愛らしかった。
ちなみに左頁の上は鈴慕会100周年の記念演奏会の写真(10年前)で、前列左から4番目のひときわ光かがやいているのが私である。

左頁下の写真は、平成28年の二代青木鈴慕師が「旭日小綬章」を受賞された時の、鈴慕会関係者での祝賀会の様子である。(この時は北島三郎も同時に受賞されている)

今回の鈴慕会演奏会に、私がお世話になった二代青木鈴慕師がお見えにならなかったのは、寂しい限りである。

予定通り7時半過ぎに終り、私と門下生ら3人と「九段下」に出て「さくら水産」で一杯やった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ