2019/7/6

小金沢昇司ミニライブ  音楽

5月25日、イーアス高尾(ショッピングセンター)で小金沢昇司の新曲発表ミニライブがあったので行って来た。

小金沢昇司は北島三郎の元弟子で、今は独立して自分で音楽事務所を立ち上げている。

行こうと思ったのは、「サブちゃん」がらみが第一の理由である。

彼は大和市出身で私も以前、大和市に住んでおり、南林間でのフェスティバルで「北の三代目」などを聞いたことがある。

朗々と歌う彼の歌は、のびやかでスケールがでかい。
「北の三代目」や「ありがとう・・感謝」などは素晴らしい歌だ。

せめて「ありがとう・・感謝」でNHK紅白歌合戦に出演させてやりたかった。もう60歳になった。

当日、彼のCDを購入すればサイン入り色紙と、ツーショットの写真が撮れるとのこと。

13曲入ったCDを買ったら一番前の椅子席が空いていた。しかも真ん中で、まさに歌手の目の前である。


クリックすると元のサイズで表示します

一曲目は新曲の「青春の忘れもの」。これが良い曲だ。
作詞 伊藤美和、作曲 六月ゆか(おかゆ)、吉永幸一。

作曲者のおかゆは今、「流しの歌姫」として「カラオケバトル」などでテレビ出演している。
フォーク調で歌い易い。もうYouTubeにアップされているから聞いていただきたい。

何度も聞いて覚えて、次回カラオケ店で是非歌ってみたい。

「願・一条戻り橋」「ありがとう・・感謝」を歌い、最後も「青春の忘れもの」を歌った。

そして順番にツーショット会になった。
私は一番最後を狙い、ずっと待った。

北島三郎ショウに出演した時にいただいた「大入り袋」を持ち、握手をして、ツーショット。
そして北島三郎の話をしようと言いかけたら「申し訳ないけど、時間がないんですよ」と言われて帰ってしまった。残念。

イーアス高尾のイベントに気をつけていなかったが、頻繁にミニライブをやっていたのだった。

6月23日は武田真治が来た。今売れっ子である。テレビで彼の筋骨隆々たる肉体や、サキソホーンの演奏しているのを見るや行きたくなった。

さすがに人気者である。会場は500人位は入り、私はやや遅かったため、立ち見の7〜8列目だから背伸びをしてやっと、顔が見られる程のところだった。

やはり、サックスは上手い。
又、お客の乗せかたが上手く、皆にパフォーマンスをやらせた。ちょっとした振付だが、皆が一緒になって踊った(?)。

7月4日は香西かおり。新曲のキャンペーンである。「口紅模様」だ。
やはり香西かおりと言ったら「無言坂」を聞きたかった。

会場の開演15分前に行ったら、もう500人位はいた。
一階は懲りたから二階に上がり、吹き抜けになったガラス越しに見えた。

彼女は全体を見渡し、二階にいる私にも?手を振ってくれた。当然答えるでしょ。

2〜3曲は知らない曲だったが、ついに「無言坂」を歌ってくれた。
この曲は玉木浩二が作曲の名曲で、日本レコード大賞を受賞した。

新曲「口紅模様」はYouTubeで聞けます。
チラシには「夢見て 迷って つまづいて・・・鏡越しに振り返るひとりの女の物語」とある。
乞うヒットである。

次は「ショッピッグモールの歌姫」こと「半崎美子」の歌を是非聞きたいものである。
心に響く本当にいい歌を歌っている。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ