2015/10/31

卓球とスケート  スポーツ・健康

スポーツはあまり自信がない。野球等は、からきし駄目である。
それでも卓球とスケートは別である。

私が小学校5年生の時には自宅(信州飯田)の2階に卓球台があった。5歳上の姉が高校生で卓球部に入った為、父に買ってもらったらしい。
新品だったから、多分大工さんに作らせたものだろう。しっかりとした作りだった。

私もクラスの友人を呼んで、良く試合をした。いやむしろ遊びだった。
中学生になって、私が入りたかった吹奏楽部は未だ無かった為、卓球部に入部した。
ところが、同級生らも入ったが、皆私より強いのである。ほとんどつまらなかったと記憶している。2年生の時に吹奏楽部が出来たので喜んで鞍替えした。

しかし、昔取った杵柄と言う例えがある通り、素人よりは強い。
ある時、会社の旅行で旅館に卓球台があり、卓球をしたところ、同じ部署の若い連中よりは強くて鼻を高くした。
姉は高校以来、現在も続けており、私より強いのは間違いない。

スケートは、やはり小学生の頃から父に習い、まずは自宅庭の雪を踏みしめて作ったスケート場でだった。
最初は下駄スケートだから、刃のついた下駄の上に足袋をはいて、ヒモで縛る訳だ。
それはそれは寒くて、足は冷たかった。足の指先が痛いくらいだった。

「柏原つつみ」とか「松川プール」で練習して、休日にはバスで「沢城湖」に行った。

中学生や高校生の頃には、電車で七久保にある「千人塚」。そしてさらに遠出して「諏訪湖」「白樺湖」「蓼の海」まで足を延ばした事もある。
その頃には、靴スケートを買ってもらっていた。

都会住まいになって、子供を連れて「こどもの国」「二子玉川園」「新横浜」「よみうりランド」「東京オリンピックプール」「後楽園」と数えたらキリが無いほど良く行った。
都会人とは違い、腰を十分曲げて、両手は後ろに組んでも大丈夫だった。コーナーでもそのままバランスは保てた。通常「千鳥足」と言う滑りだ。
結構速く滑れるようになり、一周400mで約1分くらいだった。

「二子玉川園」では、子供も一緒だったので、カッコいいところを見せようとスピードを出し、止まるときにそのままフェンスにぶつかってしまった。
当然衝撃があり、右手と胸でまともに当たって止まった訳だから、右肋骨と右手首を打撲して痛く、しばらくの間、湿布した。
今も、右手首に痛みが残るのは、後遺症であろう。
やはりスピードは危険である。

会社の旅行で御殿場へ行った時だった。
翌日は「ファミリーランド」でスケートをする事になっており、誰かが私と後輩と「どちらが速いかカケよう」と言う話になった。
私は負けるかもしれないと弱気になり、「カケはしない」と言った。
ところが、ふたを開けてビックリ。私の方がダントツで速かったのである。「しまった」と思った。

都会の人混みの中を、右に左にスムーズに追い抜いて移動できるのは、スケートで鍛えた、人にぶつからない「凄ワザ」であろうか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ