2018/4/28

春はあけぼの  写真

春は曙。と書くと元横綱を思い出すのは私だけだろうか?
某週刊誌に記載された内館牧子によると、曙は病気療養中らしい。

さて、「春はあけぼの」は清少納言の「枕草子」の冒頭である。
春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

寒い冬を無事過ごし、梅が咲く春になると、どうしても出かけたくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

3月15日、府中で吉永小百合主演映画「北の桜守」を連れ合いと見た後、「郷土の森公園」を訪ねた。
京王線の「中河原駅」で降りて多摩川にぶつかり、多摩川沿いのサイクリングロードを下流に向かって歩く。

未だ風は冷たく、強風で転びそうになった。「以前行った事がある」と言う連れ合いの誘導で歩いたのだが、遠かった。

いよいよ着いたと思ったら入口は反対側にあり、かなり遠回りをした。

クリックすると元のサイズで表示します

早春の梅はきれいだ。

クリックすると元のサイズで表示します

この古い店舗は移築した「島田薬舗」で中には、ひな人形がいっぱい飾ってあった。

博物館もあり、閉店までざっと見て、帰りはバスで分倍河原まで出た。

クリックすると元のサイズで表示します

3月28日にもなると暖かいと言うより暑い位だったので、高尾山に登った。
リフトの清滝駅前の桜が、見事に咲いていた。

未だ足のならしとして、往復リフトで登った。それでも帰りは疲れ果てていたのにあきれる。
その3日後に若い門人が高尾山に登ったと聞いて、「同じことを考えているな」と笑った。

クリックすると元のサイズで表示します

翌日の3月29日、又連れ合いと府中の映画「ちはやふる」を見に行った。
広瀬すず主演の、高校生のかるた取り選手権の物語でシリーズ3作目の最終章だ。
私達は最初の「ちはやふる 上の句」も見たから2回目だ。

落語の「千早振る」を思い出すが、本当に私はこの「千早振る 神代も聞かずーーー」が好きである。

実は今年の正月に自宅で「かるた取り」を久しぶりに行った。
娘を入れて3人である。連れ合いはほとんど百人一首をそらんじているから、怖いものなしだ。

私が読んでやはり連れ合いが圧倒した。それでも私は7枚も取ったのはホメてつかわすぞ。

映画鑑賞後、調布からバスに乗って神代植物公園に行った。

立派な桜である。

クリックすると元のサイズで表示します

これは珍しい。一本の木に色とりどりの「花桃」である。

クリックすると元のサイズで表示します

「植物多様性センター」に入ると、あら珍しや。大きなベゴニアで紅の色が鮮やかだ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは「ハイビスカス」でしょう。とても美しい。
私達の新婚旅行は沖縄で、ハイビスカスの前で記念撮影をしたが、島を回ったタクシーの運転手が「ウンジュ イッペイ チュラカーギ」(あなたは大変美しい)と教えてくれたのを思い出した。

クリックすると元のサイズで表示します

2メートル位あるサボテン。

クリックすると元のサイズで表示します

これを見た途端「駅馬車」を思い出した。陰に隠れたアパッチに襲われそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

4月2日は高尾の「多摩森林科学園」に行った。
高尾駅北口から歩いて10分で着く。4月は400円。(他の月は300円)

8ヘクタールの広さを持つサクラ保存林は1400本植えられており、3月後半から4月末まで順次咲いて行く。

クリックすると元のサイズで表示します

歩く事、約1時間から2時間位で一回り出来る。
鳥の鳴き声が目の前でうるさい位ハッキリと聞こえる。
遠くで鶯が「ホーホケキョ」と上手く鳴いた。綺麗な声で私の「初鶯」の演奏より上手かった。

小高い山になっており、年寄りでも散歩がてら行けるし、四季折々に行けそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレは入口の「森の科学館」内を使用した方が良い。
途中にあるトイレは、工事現場にあるような簡易トイレであるから。

所々見晴らしが良い所もあるし、ベンチなどもあって、おにぎりでも食べられる。
「森の博物館」内には、多摩の昆虫、鳥、動物のはく製や、ヒノキなどの木の種類が展示してあり、勉強になる。

いい散歩になった。

クリックすると元のサイズで表示します

4月27日、自宅庭の白ツツジが咲いた。

クリックすると元のサイズで表示します

誠に不思議なのでカメラに収めたが、一片が「紫色」しているのである。
0

2017/10/10

全国都市緑化はちおうじフェア  写真

第34回 全国都市緑化はちおうじフェアが始まった。(八王子市市制100周年記念事業)
期間は9月16日(土)から10月15日(日)までである。
メイン会場は富士森公園で、京王線山田駅から歩いて行ける。

富士森公園内には、野球場と陸上競技場があり、緑化メイン会場は陸上競技場を改装してまで、一面フェア会場にしたのである。

一方、野球場はあの早実の「清宮」が地方大会でホームランを打った野球場で、一回も観戦に行けなかったが、早朝から大変混雑したそうである。

さて、私は9月19日(火)と10月9日(土)に行ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

最初の写真はエントランスである。
始めに行った時に写した画像は、私のひどく面白くない顔が写っていたので、再び撮り直す為にわざわざ2度も行ったのである。
だから写真の配列は、日付けがバラバラになっている。

クリックすると元のサイズで表示します

よくも植えたと思えるほどの一面の花(サフィニア)、花、花である。

クリックすると元のサイズで表示します

この辺では女優さんみたいな綺麗な人が、花の面倒をみていた。
マリーゴールドほか。

クリックすると元のサイズで表示します

造園のコンテストもあり、金賞から銅賞までが展示してある。
ただし、金賞があちらにも、こちらにもあると、あれっと思ってしまう。
写し方が下手だった。全体が見えない。

クリックすると元のサイズで表示します

東京都知事賞

クリックすると元のサイズで表示します

我が家にも、こんな庭園を造ってみたいと思った一枚だ。
しかし手入れが大変だ。

自宅の「枯山水」は周りが芝生の為、どんどん中に芝生が入って来てしまうので、ひっこ抜くとせっかくの白石がメチャクチャになるのである。

クリックすると元のサイズで表示します

空を見上げると「カランコロン」と、ソーラーで木工細工がクルクル回る。
いい感じだ。

クリックすると元のサイズで表示します

たいがいは土曜・日曜・祝日にイベントがあり、この日は「トリオ・ダ・カーポ」が丁度終わる寸前だった。
電子ピアノ・クラリネット・サクソホーンがやさしい音色を奏でた。
こういうのに出逢うと、つい合奏したいなと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

次は永野光太郎のチェンバロとソプラノの足立花音。
二人とも八王子に住まいで、足立さんは未だ大学生だと言うが、綺麗な声で「アベマリア」や童謡を歌った。

永野氏はチェンバロを自分で作ったと言う。
独特の音色で、バッハ等を華麗に弾いた。さらにバッハ以前の作曲家の曲もソロで弾いたが、もう十分に立派な曲だった。

古楽器と言って良い。尺八と合うだろうかと考えていたら、何と鈴慕会同門の若手尺八奏者の黒田鈴尊が10月26日に彼のリサイタルで共演をする、と邦楽ジャーナルに出ていたのを見つけた。
何か縁を感じたステージだった。

このフェアは多くの企業が協賛している。
私の尺八門下生の会社も協賛していて、しかもトップクラスに表示されていたのも何かの縁だろうか。
1

2016/6/14

家庭菜園・枯山水  写真

吾輩は猫である。名前はまだ無い。で始まる夏目漱石の「吾輩は猫である」をやっと読み出した。やっとと言うのはこの歳になって初めてと言う事だ。

若くないから、遅読でこの長編を読み出して何か月になるのだろうか。その上、内容がとんと解らぬ。
私の頭も悪い様だ。何を言いたいのか忘れそうだ。そうだ猫だ。

すなわち、我が家の庭は猫の額位狭いと言いたかったから、ここまで随分引っ張ったもんだ。
この猫の額の庭で、今年はジャガイモを初めて栽培してみた。

クリックすると元のサイズで表示します

3月20日にホームセンターで買ってきた「キタアカリ」の品種9個を21ヵ所に植えて約3か月弱、葉と茎が黄色くなってきたものから収穫してみた。

何しろこの辺は、30pも掘れば岩盤に当たるので、それ程深く掘ってない。かなり黒土を入れたのだが、岩盤などの茶色い土が主だから、余り期待はしていない。
それでも、たまには売っているような大きさの物も出来た。味はまずくはなく、まずまずである。ややこしいな。

ジャガイモの左側はミニトマト。4月に接ぎ木の苗を6本買い、画面では見えないが左側3本が黄色、右側3本が赤色である。品種はアイコで、割と大きくやや長めだ。皮は堅かったが美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはブルーベリーで1本づつ購入して4本までになったが、2本は枯れて1本には実がならない。結局この1本だけに実がなっているが、不思議と例年より数が多い。

ブルーベリーと言えば、トム・ディーバーさんを思い出す。尺八演奏家で製管師だったが、もう亡くなって何年になるだろうか。(2010年に亡くなった)

南信州で、ブルーベリーを栽培して「ブルーベリー・フィールド」の名の農園があり、毎年購入しては、生で又ジャムにして食べた。
その後も後継者の坂木さんがおり、毎年2`購入している。


クリックすると元のサイズで表示します

これも我が家の、自家製ミニ「枯山水」だ。曇りで暗っぽい映りだが仕方がない。

竜安寺の石庭だとうぬぼれて他人には見せるが、本当は恥ずかしい限りである。
岩と見立てた石は、私が8年前に引っ越して来た時に、たまたま庭にあった石である。

先ず除草用のシートを敷いて、小砂利、そして白い玉石を敷いた。周りはレンガ風の石で囲った。

最初はきれいだったが、段々白い石も汚れ、どうしても芝の根が伸びて来る。
白い玉石は一個一個みがけず、結局又新しい玉石を購入して敷いた。だからまだらになっている。

それでもぼんやり和室から眺めるのも、いいもんだと思っている。これを自画自賛と言う。

「枯山水」と言えば、都山流本曲にある。
この曲を青木鈴慕師は琴古流にもかかわらず、演奏会で発表した。他流派で演奏する先鞭をつけた人であろう。
0

2016/4/6

靖国神社・バスタ新宿  写真

やっと、お天気が良くなった4月6日靖国神社へ桜見学に行って来た。
おそらくもう満開過ぎて見納めだろうと予想した通り、満開から桜ふぶきだった。

クリックすると元のサイズで表示します
やはり、花見客で混雑していた。



クリックすると元のサイズで表示します

境内の能楽堂では夜桜能があると言う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

靖国神社南門。

クリックすると元のサイズで表示します

靖国通りも桜並木が満開で、道路に花びらが舞う。

クリックすると元のサイズで表示します

南門前の大妻通りも桜が満開。

クリックすると元のサイズで表示します

そのちょっと左側に和食「さくらさくら」がある。この時期に相応しい店名である。
実は高校の後輩が経営している店で、ランチは「サバ定食」をいただいた。
これも目当てであり、おいしかった。刺身と2鉢を選べてデザート付きで1300円。

クリックすると元のサイズで表示します

市ヶ谷から総武線で新宿へ行く。4月4日、「バスタ新宿」がオープンした。
日本一のバスターミナルで、新宿から全国に発着するバスを集約した。

クリックすると元のサイズで表示します

甲州街道のエントランスが2階となっている。
エスカレーターに乗り、バス乗り場は4階だ。

クリックすると元のサイズで表示します

3階はタクシー乗り場。

クリックすると元のサイズで表示します

4階の切符売り場。自動券売機がある。

クリックすると元のサイズで表示します

全国に行くから以前より探すのが大変だ。信州飯田行はここを見る。

クリックすると元のサイズで表示します

窓口でも購入できる。バス乗り場は、右側に表示されて、飯田行はC8番乗り場だった。

クリックすると元のサイズで表示します

飯田行はここから乗るんだに。間違わんようにな。

クリックすると元のサイズで表示します

4階から見た、北側JR新宿南口とルミネ2。

クリックすると元のサイズで表示します

南側に高島屋・東急ハンズが見える。

ちなみに中央高速飯田行の旧新宿バスターミナルはもう、撤去作業が始まっていた。
0

2015/7/9

南信州・遠山郷  写真

クリックすると元のサイズで表示します
南信州遠山郷・日本のチロル 下栗の里 2015/6/22(新緑)

クリックすると元のサイズで表示します
南信州遠山郷・日本のチロル 下栗の里 2013/11/3(紅葉)
上の写真と比べると春(今年)と秋(2年前)の違いが分かります。
クリックすると元のサイズで表示します
下栗の里 サンセットポイント 2015/6/22

クリックすると元のサイズで表示します
下栗の里からさらに登って、南信州「しらびそ高原」展望台は標高1918m 
前方に3000m級の南アルプスを望む。今回は曇ってハッキリ見えないのが残念だった。

クリックすると元のサイズで表示します
しらびそ高原の「ハイランドしらびそ」で名物、五平餅と蕎麦セットを注文した。美味。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ