グールドの images  CD・レコード

 検索していて見つけた2枚組CD、グールドの“plays Bach”と“plays not Bach”。これなどジャケ買いの謗り(?)を免れんぞと自分でツッコミながら買いました。事実、届いたときには写真撮ってプリンターのキャパいっぱいに引き延ばしたろかと思ったほど。

 え〜それはさておき、バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト以外の演奏が聴きたかったのです。Amazonのレビューでは、“not Bach”の選曲がいい(たぶん私のような、駆け出しのグールド聴きにとって)、ということだったので、それを信頼して買いました。

◆@TOWER.JP



◆Amazon.co.jp
イマージュ

 内封されているリーフレットには、年齢、表情様々なるグールドの写真と愛情ある風刺漫画、そしてグールドゆかりの風景など。彼のように個性的な人は、写真より漫画やコラージュで見る方がおもしろいかも。CDとリーフレットは輸入されたもののようで、B5版くらいの両面刷り日本語解説(写真の説明も)が添付されていました。

 この解説によると、↑のジャケット写真は1956年、グールド24歳、撮影者不明。デビュー盤「ゴールドベルク変奏曲」が発表され、全米各地への演奏旅行を開始した年だとか。飛立つ直前の白い鳥、ですかねー。

 まずは“not Bach”を楽しみました。曲目はリンクしたサイトでご確認ください。いろんな作曲家の作品を録音しているんですねー。次から次へとこころ惹かれる旋律が。上物(たまに珍妙)だけをとり揃えたビュフェ料理のようでありました。とりあえず味見はさせてもらえるが「一品一口ずつでございます」と。1枚聴き終わる前に理性を失って、次々とCDを買いそうになりました。ご注文は計画的に(自戒)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/5/3  22:55

 

【組曲マンスリー 第2回】

昨年になりますが、Verdiさんが興味深いことを書かれていました。

「突然ですが、100回聞いたことのある曲って何曲ありますか?100回聞いたことのあるCDだったら?」

Verdiのレコード置き場 今日車で聴いたものblog
セル/クリ... 




AutoPage最新お知らせ