‘踊れ、グローズヌイ’は続く  映画

 今年の夏に紹介した 映画「踊れ、グローズヌイ」(2007/7/7)。つい先日のエントリーには、「フィルムの貸し出しは今年いっぱいで終了」と書きましたが、来年も引続き上映されていくことを、綾瀬川さんからコメントでお知らせいただきました。いつもありがとうございます。まだ来年以降の詳しい情報はないのですが…
 
 このドキュメンタリーは、グローズヌイ在住の民族舞踏家、ラムザン・アフマードフという有能な人物の活動を追ったものです。私は彼が紛争地の住民という、困難な状況に直面している当事者でありながら、活動の場を切り開いていく教育者でもあることに感動したのでした。

 紛争地の住人が、子どもたちの成長のために、自分にできる教育をやりぬこうとしている、そのようなドキュメンタリーは初めて見ました。そして、社会で無事に成人できた者ならば、どんなに遠回りで間接的であっても、自分の社会の子どもの成長を助けるために働かねばなあ…なんてことを思ったのであります。

続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ