新しい年へ  四季折々

 パルティータを訪れてくださった皆様、1年間ありがとうございました。寄せてくださったコメントやリンク、そしてトラックバックはいつも嬉しく、また励まされつつ、拝読してきました。あちこちのコミュニケーションの輪に入れていただき、楽しかったです。ますます音楽やバレエ、映画などのエンターテインメントが好きになりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 このエントリーが今年最後です。少し早いですが、デザインを新春版にしました。コメントとトラックバックは承認制に切替えます。もしコメント、TBくださいましたら、反映されるまでしばらくお待ちくださいませ。

 では皆様、どうぞよいお年をお迎えください!


クリックすると元のサイズで表示します


BGM Musiq3
♪ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱付」
  演奏:ナタリー・ディエナー(ソプラノ)
     アンナ・ラーション(メゾソプラノ)
     ヨナス・カウフマン(テノール)
     ラインハルト・ハーゲン(バス)
     クラウディオ・アバド(指揮)
     ルツェルン祝祭管/同合唱団
     (2007.9.17 ルツェルンにて収録)
0

コルボ指揮 天地創造  オンエア・クラシック

 本日は晴天なり。今年最後の小春日和…というわけで、朝から掃除だ 掃除 早起きの秘訣、早朝のクラシックは「天地創造」

オンエア視聴覚え書き
12/27 (Thr) 3:30〜
ORF O1
ハイドン:オラトリオ「天地創造」
演奏:Genia Kuhmeier(ソプラノ:ガブリエル)
   Sophie Karthauser(ソプラノ:エヴァ)
   Toby Spence(テノール:ウリエル)
   Dietrich Henschel(バス、バリトン:ラファエル)
   マルクス・ウェルバ(バス:アダム)
   
   ウィリアム・クリスティ(指揮)
   レ・ザール・フロリサン

 2007.7.27 ボーヌ、ノートルダム大聖堂にて収録

 といっても、そんな丑三つ時に起きていては仕事にならん。聴いたのは第3部のみ。うまいこと、ウリエルのソロ「薔薇色の雲を〜」が始まったところから。

 アダムとエヴァのデュエット、よかったです。いやはや朝から人間愛にあふれた豊かな声でございました。

 ソリストは何と5人! 1人1役なのだ。キューマイヤー(ガブリエル)の若く清楚なエヴァも聴きたかったな。カルトホイザー(エヴァ)はすっかり成熟した魅力あるエヴァ。

 終曲でソリスト3人が「Amen」と唱和するのを聞いたところによると、テノールのスペンスさんはよく通るお声のようだ。私はボルトン指揮の音盤を持っているのだけれど、ソリストによってキャラクターのイメージが全く違ってくることを実感できて、おもしろかった。

 今日、一番気に入ったのはオーケストラ。テンポを急がず、滑らかにたっぷりとした演奏に聴き入っていると、曲の盛り上がりにかけて軽々と加速(したかどうかも気づかないほど)、いつのまにか快速で歌い上げる。性能のいい電車の特別席に座っているみたいだったよ。

 ああ、やっぱりハイドンさんはいいわ。元気が出る。幸せな気分にも。さて、午後も掃除だ 掃除


 え〜それで、第3部を聴いただけなのでどうかと思ったのですが、この演奏は音盤もあります。
◆Amazon.co.jp
Haydn: Die Schöpfung (The Creation)

@TOWER.JP

0




AutoPage最新お知らせ