ハイドン 弦楽四重奏曲‘皇帝’  CD・レコード

 貴族の雇われ人として、人を愉しませ、慰め、励まし、心静かな祈りや休息のときを創出し…と大忙しで作曲し続けたハイドンさん。私の好きな音楽家です。子どもの頃はスポーツ万能に加えて美声、頭よさそう、リーダーシップもあったと見える。長じてはよく働き、ご主人様の覚えめでたく、そこそこ身持ちもよさそうな、まさに理想の。。。

 えーと、今日は何の日だっけな。

♪ハイドンのカルテットの日♪
 私はバレエ音楽以外のクラシック曲を聴くようになってからようやく1年。ハイドンの弦楽四重奏曲は4曲(うち、2曲は同じ曲)しか持っていません。

 小学生向けの作曲家伝記シリーズ(漫画絵本)の巻末に「弦楽四重奏曲ならこれがオススメ!」と出ていたイタリア四重奏団のCD。

ヨーゼフ・ハイドン作曲:弦楽四重奏曲
 「ひばり」「セレナード」「五度」
 (以上1965年録音)
 「皇帝」(1976年録音)
 (演奏)イタリア弦楽四重奏団 

@TOWER. JP



Amazon.co.jp
ハイドン:弦楽四重奏曲
第17番&第67番&76番&第77番


 第17番 第67番「ひばり」、第76番「五度」、第77番「皇帝」。ゆっくり時間のあるときに通して聴くもよし、気分に合わせて1曲だけ取り出して聴くもまたよしのラインナップ。

 第67番 第17番「セレナード」は、後にロマン・ホフシュテッターの作曲と判明したそうですが、私は通して聴くとき、これを外すことはしません。この曲のタイトルの由来となった第2楽章のメロディーに、小さな頃から親しんでいたためかもしれません。このメロディーは多くの人にとって「どこかで聴いたクラシック」ですよね、きっと。何かのCMに使われていたかもしれん。どなたかご存知? 優美な歌を小声で口ずさむような第1ヴァイオリンを、ピツィカートのヴィオラが伴奏します。おもわず私も小さく静かに呼吸します。

 そして、ハイドンがオーストリア国歌にと願って作曲したメロディーが4つの変奏を伴って第2楽章に登場する「皇帝」。中学の音楽で、オリンピックで、ワールドカップサッカーで、そして我が家の柱時計の10時と4時のメロディーとして、ずっと親しみ続けているカッコいいドイツ国歌。何でドイツなんだか。おかげで伝記を読むまでハイドンさんはドイツ人だと思っていたよ。

 というわけで、4曲の弦楽四重奏曲を聴く小さな旅のなかに、楚々としたセレナーデがあり、終わり近くにドイツ国歌が聞こえる。難しいことひとつもなしヨ、の小1時間なのであります。

 第77番「皇帝」は、こちらの演奏も持っています。

@TOWER. JP
アマデウス四重奏団
(ハイドン、スメタナ、ドヴォルザーク)



Amazon.co.jp
ハイドン:弦楽四重奏曲第77番 ほか


 1963年の録音。御本家ウィーンふうはこちらなのでしょうか? って、何がウィーン風か、私は知りません。四重奏曲「皇帝」、甘やかな響きと歌いまわしを聞かせてくれるのはイタリア四重奏団の方です。全体に、アマデウスに比べてイタリアの演奏は遅いめ。そのうえ残響がたっぷり。

 第1楽章のテーマ、イタリア四重奏団は可憐なダンスのステップのように感じさせるアーティキレーションがいいです。(第1?)主題が3度目に演奏されるとき、5度(ありゃ、8度も?)の行ったり来たりで伴奏する低弦が、なかなかしっかり前に出てきて、カッコいいです。靴音も力強い男性ダンサーのステップを思い出します。

 第2楽章は、和声を味わうのにイタリアのゆったりした演奏が、私にはちょうどよいです。翳りゆく部屋に置いたカットガラスのゆるい光を、ゆっくり動いてみながら楽しむ、そんな味わいだな。

 このふたつが、私の最も気に入っているところです。まだまだ見つけられそう。またこの次に♪
0

春の便りいろいろ  四季折々

 花冷えですね〜。わが町は海面が近いため、ソメイヨシノはまだやっと2分咲き。 クリックすると元のサイズで表示します
 海は温まりにくく、冷めにくいとか。なのでわが町に花の便りはゆっくり、梅雨明けの暑さは意外と温和しく、残暑はいつまでもダラダラ、冬の到来は遅く、花の便りは〜(以下果てしなく続く)…であります。

 先週は学生の海外ボランティア土産、フィリピンのお米(スーパーに並んでいたもの)が届きました。白く、小さくて細長い米です。長粒米(ちょうりゅうまい)と言うらしい。スパイスをいっぱい入れて炒めるのが美味しいのかしら? 濃厚なスープをたっぷり吸わせて炊くのかしら? あれこれ思いめぐらせること3日間。 そこで、ご近所の「にほんごで話そう」ランチ ミーティングに持って行きました。

 写真上がフィリピン米‘PILIT RICE’、手前の左がうるち米(7分搗き)、同じく右がもち米。白さは日本のもち米を上回っているでしょ。
クリックすると元のサイズで表示します

 あいにくフィリピンのお仲間が欠席だったため、イランの大胆な炊飯法を教わって来ました。塩を入れたたっぷりの水で煮はじめ、ぐらぐら沸いたらお湯を全部捨て、蒸し炊きにするとか。味つきのごはんにしたいときは、そのときにバターやら混ぜ込むんだって。
「ひょえ〜、焦しちゃうよ」
「ダイジョブ」

 米ひとつ炊くのに この不安。
 子どもに戻った気分。

 意を決して袋を開けると、意外や(失礼!)何と美味しそうな香り。日本のもち米に似てる? 炊きあがりは上々。底にうっすらお焦げができて、少々ビチョっとしているけれど甘みを楽しめるイイお米でした♪

 翌日、半年前に帰国したインドネシアの友人から、頼んでいた本が届く。帰国後間もなく3歳になった娘さんは、母国の幼稚園に入園。日本のことは ほぼ100%忘れてしまい、唯一覚えているのは、近所にあった大型量販店のことだけだとか。日本ではテレビの幼児番組などに親しみ、母語と日本語の それはみごとなミクスチュアを喋っていたのにねえ・・・。よし、ピアノが好きなママといっしょに遊べるように、幼児向けのピアノ絵本でも探してこよう♪
0




AutoPage最新お知らせ