ERB シルヴィア  DVD・VHS

 注文していたバレエの映像が届きました。連休はおうちでテレビ三昧かな。まずは英国ロイヤル・バレエ団(ERB)の「シルヴィア」を見ました。

 このバレエは1952年、往年の名バレリーナ、マーゴ・フォンテーンのために振り付けられた英国の作品。長らく上演されなかったものを、関係者の記憶と部分的に残されていた映像をもとに、2004年に復元されたものです。

@TOWER.JP



Amazon.co.jp
 Sylvia (Ws Sub Dts)

シルヴィア(全3幕)

 シルヴィア:ダーシー・バッセル
 アミンタ:ロベルト・ボッレ 

 振付:フレデリック・アシュトン
 音楽:レオ・ドリーブ
 復元:クリスフトファー・ニュートン
 演奏:グラハム・ボンド(指揮)
    ゴヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団

 2005年12月 コヴェントガーデン王立歌劇場


 タイトル ロールは昨年引退してしまったダーシー・バッセル。長身ですが、小柄なフォンテーンのための振り付けを、みごとに踊りこなしています。柔らかいつま先、安定したポアントで繰り出すステップが、シルヴィアの心情を細やかに表現していてすばらしい。

 シルヴィアに恋する牧童アミンタは、ロベルト・ボッレ。バッセル姐さんをガッシと受けとめるギリシャ彫刻のような容姿と立派な体躯がまず取りざたされるのだけれど、ソロのステップやジュテになかなかの見ごたえあり。彼が踊る場面が少なくて残念です。古いバレエにおいて、献身は男性主役ダンサー最大の美徳なのね。

 音楽はレオ・ドリーヴが1876年にパリ・オペラ座のために書いたもの。序曲からして魅力的です。そして女神ディアナに仕えるニンフ、シルヴィアたち登場のテーマは、アマゾネスかワルキューレを彷彿とさせるかっこよさ。1877年、ウィーンでこのバレエを見たチャイコフスキーは「この曲を先に聴いていたら『白鳥の湖』は作曲しなかっただろう」と言ったそうです(DVDのライナーノートより)。

 物語はごくありふれた牧歌劇。いずれのおん時にか神々と人間が交わり暮すギリシャの森の…とやら。

 牧童のアミンタはニンフ、シルヴィアへの片思いで忙しい。シルヴィアは、それを「エロスめが よけいなことを」と退け、アミンタを矢で射てしまう。それを見たエロスがシルヴィアに矢を放ち、2人は相思相愛の…となるはずであったが…

 それではあっという間に終わってしまうので、おなじみ東方系の悪役に身をやつしたオリオンが登場。シルヴィアに横恋慕して連れ去ってしまう。

 しかしまあ、何があっても終幕はお約束のハッピーエンド。舞台装置はずっと後ろに平たく並べられ、広く取られたフロアで祝祭的パドドゥ&大団円などなど。

 衣装はギリシャふう牧歌劇にふさわしい写実的なもの。ニンフのスカートは踊りの都合で超ミニ丈。終幕はチュチュです。解剖学の図版みたいな男性ダンサーの素脚が眼福なり。

 う〜ん、やっぱり踊りを観るのは楽しい! アシュトン振付作品の中で、これはマイ・ベストとなりました。物語が進行する場面では、シルヴィアのステップにも意味がある。顔や腕と同じくらい、意思と情感がこめられているのです。演技に定評があるバレエ団ですが、この主役はステップも雄弁です。

 そういう振付は、アシュトンではなくてマクミランが得意としたものだと聞いていたのですが…さすが現代の英国ロイヤルのダンサーたち! 舞台表現は振付の復元にとどまっているだけではないのでしょう。

 次の機会には、ケネス・マクミランがダーシー・バッセルとジョナサン・コープのために振り付けた「パゴダの王子」(音楽:ベンジャミン・ブリテン)を取り寄せてみよう。2008年版はリーズナブルだよ。

ブリテン:「パゴダの王子」全3幕
0

いつの間にやらGW  日帰りの旅

 おとといの土曜日から11連休のところもあるという、すばらしきかな日本の5月(あ、まだか)。しかもお天気よさそう。

 サントリー美術館 天保山(大阪)マリー・ローランサン展に行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
 バレエ・ファンとしては、ローランサンといえばバレエ・リュスの「牝鹿」(1924年)舞台美術を語るべき? でも私が好きな作品は、それより10年ほど前のものです。独自の画風を確立しつつも、まだキュビズムの影響を色濃く残していた初期(1914年頃まで)の、リズミカルな輪郭線!これを見るのがなにより楽しみ。この線に、音楽を感じるから

 円熟期(1920年代〜)になると、その「輪郭線の音楽」が細密な色の階調に取って代わる。これもいいのだけれど(たとえば「らっぱをもって」など)。

 写真は私の1番のお気に入り
「読書」(右下)と
「青と黒の帽子の少女」(左下)
その上が「チェロと二人の姉妹」
すべて1913〜1914年。

 この時代のものの方が、描かれている女性のさまざまな意思(意識)を感じるから好き。モーツァルト党は、帽子の少女が東京暮らしの大学生に似ているからお気に入り。マリー・ローランサンを見た時はいつも、初期の作品の中にそういうのを見つけて喜んでいる。

 左端の丸いのは「接吻」(1927年頃)、右上のが「バラの女」(1930年)。初期の作品に見られる輪郭線は、ない。

◆本日の読書
 哀れなるものたち
 アラスター・グレイ 著 高橋和久 訳
 2008年/早川書房

 ものすごくヘンテコで美しくなくて、気持ちよくないという顔をしながら聴くしかない現代音楽みたいな小説。素材とプロットは高校時代から現在まで、学校や社会でレクチャーされた近代史、ローカルなエピソード、そして自分の足で立つ女友達から聞いた話のごったまぜ。ぐるんぶるん振り回されて、目が痛くなったところでやっと終わった

 過剰な人
 斎藤孝 著
 2004年/新潮社

 どんな人間でも存在していいんだ。大賛成。
0




AutoPage最新お知らせ