つぐない  映画

 映画「つぐない」 (原作はイアン・マキューアン 「贖罪」→
過去記事)を見てきました。

 まず、原作では分量が多くて読み進むのに難儀する第1部前半を、映像に語らせることで心地よい流れのあるものに仕立てたのは秀逸。これはいいぞ♪と思いました。

 原作の第1部(1935年のある1日、タリス家の別邸で事件が起こる)は、人物造形や心理、場景描写がてんこ盛りです。映画はそのディテールまできちんと描いて、しかも もたつかない。よく計算された昼と夜の光、野原や川辺の風景、カントリーハウスの調度、その中にさまざまな衣装を纏った俳優たちの姿。主役3人のズームアップが美しい。どことなく けだるさを漂わせるカントリーハウスの写真集をぱらぱらと見たような印象とともに、登場人物やストーリーへの興味も繋ぎとめてサッサと離陸です。

 残念ながら、その後がもの足りない。2時間余に原作の全3部+エピローグを収めようとすると、分量が多すぎたのでしょう(本編130分)。映画化すれば、原作にいくぶんのカットと改編などは当然のことだと思います。しかし映画の中盤と後半(原作第2部と第3部)は、ブライオニーの行動に絞り込まれたため、原作にある「贖罪は可能か」、「愛とは何か」についての探求が甘くなってしまった思いました。ま〜その〜、映画は娯楽なんだから、やたらと思索を迫るものではないということかな。

 それにしても映画を見ただけでは、どの部分が事実で、どの部分がブライオニーの(「見ていないことは人から聞いた」という)創作なのか、わからない。だから、彼女が贖罪としてどれだけのことをしたか、その経緯も含めてかなり曖昧です。

 また、ブライオニーは脳の障害を宣告され、作家としての死を目前にして小説を完成させたのですが、発表(=偽証を公にする)までにどうしてそんなに時間がかかったのか、説明されていません。

 これでは、原作を読むより先に映画を見た人が、彼女の「贖罪」に対してフラストレーションを抱くのではないかと思いました。原作ではどうだったかというと…

 贖罪を成し遂げることは不可能です。ブライオニーは、自分が壊してしまった恋人たちの人生を元に戻すことはできません。マキューアンが書いたのは、ブライオニーが壊してしまった人生を贖罪によってどれだけ修復したかということではなく、偽証をした後の人生をどう生きたかということだと思います。彼女が生涯をかけて為したのは、彼女自身のための あがない なのだというのが、私の読後感です。 

 それからもうひとつのテーマ、愛について。
 いや〜、これは困る。訳者のあとがきに、マキューアンのコメントが引用されています。

 「19世紀の小説においては、愛というのはまったく自然に主題となりうるものでした。20世紀の終わりにあって、それと同じ方法で愛というものを探求することが可能でしょうか?」

 どうでしょうね。読者としてもこっぱずかしい。でもね〜、それは「贖罪は可能か」というテーマとともに、この原作の屋台骨を支える問いなのよ。

 マキューアンは英国の博物館の資料部で、当時の兵士や看護婦たちの私的な手紙、日記、回想記を閲覧しています。そのほか、第2次大戦ヨーロッパ開戦初期のダンケルクを題材にした著作物、当時の女性の視点から描かれた書物なども参考にしたそうです。映画ではほとんどカットされましたが、フランス戦線で本隊からはぐれてダンケルクまで敗走するロビーの身に起こること、彼が考えたこと、そして18歳のブライオニーとロビー、セシーリアが再会する場面を書くためです。そしてそれらを含む第2、第3部は、第1部にも劣らないボリュームになっています。

 映画を見て、ブライオニーの贖罪は不十分だ、ロビーとセシーリアは全く救われないと感じられた方には、この第2、3部と訳者あとがきに「愛について」書かれているので、よかったらどうぞ。
続きを読む
0

PAC 2008−2009 LINE UPから(2)  演奏会

 兵庫県芸術文化センター(PAC)からDMが来ました。一昨日のエントリーでお知らせした11月のピアノ・リサイタルのチラシ入り。それぞれの演奏曲目がわかりました。

レイフ・オヴェ・アンスネス
 日時:2008年11月3日(月・祝)14時開演
 会場:大ホール
 《プログラム》
   ベートーヴェン:ピアノソナタ13番、14番
   ドビュッシー:前奏曲集 第1集
           野を渡る風
           アナカプリの丘
           雪の上の足あと
           西風の見たもの
           亜麻色の髪の乙女
          前奏曲集 第2集
           霧
           ビーノの門
           ヒースの草むら
           月の光がそそぐテラス
           オンディーヌ
           エジプトの壺

 今のところ、10月21日(王子ホール)、10月23日(静岡音楽館 AOI)のリサイタルがそれぞれのホール公式サイトに上がっています。アンスネスのドビュッシーはどんな音色かしら?

シプリアン・カツァリス
 日時:2008年11月1日(土)14時開演
 会場:大ホール

 こちらはプロムナード・コンサート。散歩の途中で立寄るような気軽な気持ちで楽しんでください、という企画です。だから演目が面白そうですよ〜。キャッチコピーは

「こんなプログラム、
 見たことない!?
 音楽で世界一周!」

はは 「ヨハネへの道」を思い出すなあ。また大入りかしら。プログラムは、もうすぐセンターのサイト公演カレンダーに出ると思います。ここではざっと端折って・・・

世界一周のスタートはペルーから。
アギラール作曲「6つのインカの前奏曲」より。
その後キューバ、ブラジル、
アルゼンチン(ピアソラ3曲&ジナステラ)、
ウルグアイ、メキシコと、中南米を丁寧に回り、
日本(かごめ変奏曲)、
ふとアメリカに戻り(ゴットシャルク作曲「風刺」)、
イギリス(威風堂々)、
フランス(亡き王女のためのパヴァーヌ)、
チェコ(スラヴ舞曲op72-2、カツァリス編)、
ドイツ(ハンガリー舞曲第1番)、
オーストリア(アダージェット、美しく青きドナウ)。

うう、なんというLINE UP。。。アメリカ大陸は謎だ。
0




AutoPage最新お知らせ