PAC 2008−2009 LINE UPから(2)  演奏会

 兵庫県芸術文化センター(PAC)からDMが来ました。一昨日のエントリーでお知らせした11月のピアノ・リサイタルのチラシ入り。それぞれの演奏曲目がわかりました。

レイフ・オヴェ・アンスネス
 日時:2008年11月3日(月・祝)14時開演
 会場:大ホール
 《プログラム》
   ベートーヴェン:ピアノソナタ13番、14番
   ドビュッシー:前奏曲集 第1集
           野を渡る風
           アナカプリの丘
           雪の上の足あと
           西風の見たもの
           亜麻色の髪の乙女
          前奏曲集 第2集
           霧
           ビーノの門
           ヒースの草むら
           月の光がそそぐテラス
           オンディーヌ
           エジプトの壺

 今のところ、10月21日(王子ホール)、10月23日(静岡音楽館 AOI)のリサイタルがそれぞれのホール公式サイトに上がっています。アンスネスのドビュッシーはどんな音色かしら?

シプリアン・カツァリス
 日時:2008年11月1日(土)14時開演
 会場:大ホール

 こちらはプロムナード・コンサート。散歩の途中で立寄るような気軽な気持ちで楽しんでください、という企画です。だから演目が面白そうですよ〜。キャッチコピーは

「こんなプログラム、
 見たことない!?
 音楽で世界一周!」

はは 「ヨハネへの道」を思い出すなあ。また大入りかしら。プログラムは、もうすぐセンターのサイト公演カレンダーに出ると思います。ここではざっと端折って・・・

世界一周のスタートはペルーから。
アギラール作曲「6つのインカの前奏曲」より。
その後キューバ、ブラジル、
アルゼンチン(ピアソラ3曲&ジナステラ)、
ウルグアイ、メキシコと、中南米を丁寧に回り、
日本(かごめ変奏曲)、
ふとアメリカに戻り(ゴットシャルク作曲「風刺」)、
イギリス(威風堂々)、
フランス(亡き王女のためのパヴァーヌ)、
チェコ(スラヴ舞曲op72-2、カツァリス編)、
ドイツ(ハンガリー舞曲第1番)、
オーストリア(アダージェット、美しく青きドナウ)。

うう、なんというLINE UP。。。アメリカ大陸は謎だ。
0




AutoPage最新お知らせ