上半期終了  CD・レコード

 いや、まだ来週の月曜が…でも自分の中ではもう終わらせる、終わらせたぞ。ああしんどかった。みなさまもめでたく7月を迎えられますように。

 身の上になにが起ころうとも、日はまた昇る、毎日のぼる。晩になったらお腹がすくからごはんを作る。一汁一菜ではパスできないので、時間がかかる。気分がやさぐれないように、換気扇やレンジの唸りに負けないボリュームでプレイヤーをならす。

 失敗の巻:グールドのベートーヴェン(作品31)を選んだ日は、どしゃ降りにさらされたスウェットみたいに盛り下がってしまった。外がまだ明るいとき、作業の合間にボーッと聴くのが大好きな3曲なのだけれど、晩のハラペコには向かなかった。
→過去記事

 元気の巻:ボルトン指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団「天地創造」(ハイドン)なんだろう、青春賛歌、スポーツショー行進曲みたいなの? これがいちばん効くようだ。へこたれもせず時間いっぱい、どんどん作っちゃったよ、おかず。
→過去記事


オンエア試聴覚え書き
パトリシア・プティボン ソプラノ・リサイタル
 王子ホールでの録画。大阪公演にはなかった「オーベルニュの歌」が聴けた。「オーベルニュ〜」は、吟遊詩人の竪琴(?!)のような伴奏がよかった。

 プティボンの印象は、大阪公演とはずいぶん違っていた。ザ・シンフォニーホールは残響がよく聞こえて、独特の味わいがあった。王子ホールで収録された音は、マイクが歌手のすぐ上にあって、喉から出た声だけをそのまま拾ってる感じ。プティボンが動き回ると、声が遠くなるのよ。まあそれはそれで、小さな空間を歌手と共有している親密な印象ではある。けれど、残響が醸す独特の雰囲気に包まれてコンサート酔いをする、あの酩酊気分再現はかなわず。


今週の読書:
失楽園(ミルトン著 岩波文庫)
 天地創造の台本は、これに依っていると聞いたから読んでみたが、どうもそうではないようだ。

ヒトラー・マネー
 ローレンス・マルキン 著
 徳川家広 訳
 2008年/講談社

 映画「ヒトラーの贋札」の原作と勘違いして借りてきた。映画のもとになったのは、アドルフ・ブルガーの「ヒトラーの贋札 悪魔の工房」が正解。

 せっかくだから読んでみた。著者のマルキンは、生き残った関係者への綿密な取材や、戦後かなり過ぎてからやっと閲覧が可能になった資料などをもとにした。マルキン夫妻はユダヤ人。夫人は大戦中のオランダで潜伏生活を経験。

 戦時の贋札は諜報戦と深い関わりがあるらしい。第二次大戦中はヒトラーのドイツだけでなく、アメリカやイギリスにも贋札作戦は持ち上がり、指導者はそれに興味を示したという。そしてヒトラーでさえ、その実行をためらったとか。まあ、歴史に残るとハズカシイわな。他国がどうにか踏みとどまった中、ドイツはヒトラー親衛隊がやっちまったということらしい。ポンド札はすっかり出来上がり、終戦間際にはドル札の片面まで作り上げていたとか。

 マルキンの文章は感情的に大きく乱れることがない。だから、この本から映画のようなドラマチックな出来事は想像できない。ただ、収容所の人々が、生きて明日を迎えることだけに望みを繋いでいた、その恐怖だけははっきりと伝わってくる。
0

シュツットガルト・バレエ関西公演情報  バレエ・ダンス

 昨日、大阪フェスでもらったチラシの中に、シュツットガルトバレエ団関西公演の速報がありました。モノクロのチラシが1枚、それからチケット発売情報です。

シュツットガルト・バレエ団
「オネーギン」(全幕)

 公演日:2008年12月2日(火)18時30分開演
 会場:フェスティバルホール
 料金:S席:¥16,000〜E席:¥5,000、BOX:¥19,000
    Sペア:¥28,000、Aペア:¥23,000
    一般発売 7月19日(土)

「眠れる森の美女」(全幕)
 公演日:2008年12月6日(土)18時00分開演
 会場:兵庫県立芸術文化センター 大ホール
 料金:S席:¥16,000〜E席:¥4,000
    一般電話予約 7月20日(日)
     (芸術文化センターチケットオフィスのみ)
    一般発売 7月21日(月・祝)

 ジョン・クランコ振付のバレエ「オネーギン」の音楽は、チャイコフスキーのオペラ「オネーギン」からではありません。チャイコフスキーの「四季」その他ピアノ曲を、この作品のためにドイツ人が管弦楽版に編曲したものです。ピアノのための12の性格的作品集「四季」は、ソ連時代にロシア人作曲家が編曲した管弦楽版もありますね。久しぶりに聴いてみよう。時間が取れたら、こちらでも紹介します。


 昨日のベジャールバレエ公演のキャストを思い出すにつけ、ルース・ミロやマリオンといった個性的な女性ダンサーがいなくなったな〜と、遅ればせながら気づきました。どうしているのかな。
0




AutoPage最新お知らせ