アンサンブル・ラロ  演奏会

 関西の梅雨明け翌日はちょうどびわ湖ホールでコンサートがありました。学校の夏休みが始まる前にゆったり日帰りの旅を と思ったのですが、昼前の新快速は混んでいました。暑い日でしたね〜。
クリックすると元のサイズで表示します
びわ湖ホールの1Fロビーより 

アンサンブル・ラロのコンサート
〜ヨーロッパからやって来た
 フレッシュなピアノ四重奏団と仲間たち〜

日時:2008年7月17日(木)14時開演
会場:びわ湖ホール 小ホール
出演:アンサンブル・ラロ(Ensemble Raro)
   ダイアナ・ケトラー(ピアノ)
   アレクサンダー・シトコヴェツキー(ヴァイオリン)
   ラズヴァン・ポポヴィッチ(ヴィオラ)   
   ヘーデンボルク・直樹(チェロ)

   川田知子(ヴァイオリン)
   遠藤真理(チェロ)

【プログラム】
◆R.シュトラウス
 ピアノ四重奏のための2つの小品 AV.182
 1.アラビア風舞曲
 2.愛らしい歌
   シトコヴェツキー(Vn)
   ポポヴィッチ(Va)   
   遠藤(Vc)
   ケトラー(Pf)

◆R.シュトラウス(V.プシホダ編曲)
 歌劇「ばらの騎士」より“ワルツ”
   川田(Vn)
   ケトラー(Pf)

◆ブラームス
 ピアノ四重奏曲 第3番 ハ短調 op.60
  第1楽章 アレグロ・ノン・トロッポ
  第2楽章 スケルツォ − アレグロ
  第3楽章 アンダンテ
  第4楽章 フィナーレ − アレグロ・コモド

   シトコヴェツキー(Vn)
   ポポヴィッチ(Va)   
   ヘーデンボルク(Vc)
   ケトラー(Pf)

     休憩

◆シューベルト
 弦楽五重奏曲 ハ短調 op.163 D.956
  第1楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ
  第2楽章 アダージョ
  第3楽章 スケルツォ − プレスト
       トリオ − アンダンテ・ソステヌート
  第4楽章 アレグレット

   川田(1st Vn)
   シトコヴェツキー(2nd Vn)
   ポポヴィッチ(Va)   
   ヘーデンボルク(1st Vc)
   遠藤(2nd Vc)
続きを読む
2

ちょっと早い夏祭り  四季折々

 今週は、高校野球の地方予選を見に行きました。終業式前の平日とて、スタンドにはベンチ入りしない野球部員のほか、保護者や関係者など仕事を休むことができた大人たちだけ。和太鼓を打ち鳴らすリーダーも野球部員という、内輪の応援団。

 チャンス到来の場面には、野球部員が各々メガホンを持って破矢ジンタさんの「夏祭り」を歌います。

 君がいた夏は
  遠い夢の中〜ぁ
 空に消えてった
  打ち上げ花火〜ぃ


歌い終わったとたん、超弩級のピッチャーフライがパカーンと…。嗚呼、シナリオもないのに面白すぎ。

 かと思えば、部員が10人ちょっとの小さな所帯の学校もあります。スタンドにはブラスバンドからの派遣金管パート(含む ドラムス3人)が20人ばかり来て、元気のよい演奏と爽やかな声援を繰り広げていました。

 ゲーム音楽のマーチや携帯の着メロになっていそうな歌もの、そしておなじみコンバットマーチ。なかなかしっかりして上手。応援しているチームのじゃなくても、聴けば気分がいいものです。ボーッと聴き入っていると、反対側のスタンドにいても好打に思わず拍手しちゃったりして。音楽っていいもんです。
0




AutoPage最新お知らせ