ちびの聖者  読書

 ボリショイバレエ「白鳥の湖」大阪公演の覚え書きを断片的にメモしたけれど、日曜日は返却期限が迫る本を読むのに忙しかったです。

 アレクサンドロワのオデットは、グラン・アダージョの最後の部分、白鳥たちがV字型に並びはじめる少し前あたりから、オデットのもの言う声が聞こえてくるように感じられてよかったです。その前までは、まあ、グランアダージョのルーティン・ワークというか、クラシック・バレエのあまりにも有名なシークェンスをひたすら見とどけるのみ。

 そういう見せ場をすべて終え、センターに移動しながら、アレクサンドロワのオデットは「魔法から救われることなど望めないと思っていましたが、私のために命も惜しまないと言ってくれた、あなたを信じます」と、ふたりの運命を知っているかのように悲しげに。そう言ったように思えたときの、目元の美しかったこと。

 それにしても、アレクサンドロワはロシアのクラシック「白鳥の湖」に、どうしても収まらねばならないのかしら。


 《本日の読書》
 ちびの聖者
  ジョルジュ・シムノン 著
  長島良三 訳
  河出書房新社

 20世紀初頭のパリに生まれた無垢な魂の男の子、ルイの物語。著者シムノンはメグレ警視シリーズで一世を風靡したフランス人作家なんだと。
よ、読んだことない

 第1部「ムフタール通りの小さな男の子」は、彼の子ども時代。平易な文章でルイの目と心に映る家族や街の情景など、小さな世界が活写される。塵芥と汚物がどこにでも見かけられる貧しいパリの一画なのだけれど、シムノンは聖者の目というフィルターを通して、それを描写したのだ。だから、私はルイと同じように、彼の見たもの、感じたものに惹かれる。

 第2部「アベ=ド=レペ通りの小さな男の子」は、ベル・エポック時代の片隅に画家として生きたルイの物語。彼はムフタール通りの小さな男の子のままでありつづけ、でも全てがそのままではいられなかった…そこから伝わる苦味は、聖者のものではなくて読者の私が感じるもの。なかなかよい。

 20世紀初頭のパリは激変の時代。彼の住む小さな世界、そしてアート・シーンも何かと騒がしかったのだけれど、聖者は自分が探しているものを求めてひたすら絵を描く。

 ルイは年寄りになる。

ずっと以前から彼のなかに感じていたものを描き出すには、まだ数年かかるだろう。
「あなたの目標は本当のところ何なのですか?」
「さあ、知りません」
この言葉はルイの人生でしょっちゅう口にされ、くり返されつづけた。

彼にはわからなかった。わかるはずがなかった。さもなければ、最後までやり遂げることができなかっただろう。


クリックすると元のサイズで表示します
12月13日 大阪国立国際美術館前
0

バレエのちイルミネーション  四季折々

 ボリショイバレエ団大阪公演1日目、「白鳥の湖」を観てきました。いや〜白鳥って、こんなにあれこれ楽しめる作品だったのだ。おもしろかった(これが1番にくるとわ)、よかった、美しかった、オーケストラも含めて、ボリショイのみなさんありがとう!です。

 アレクサンドロワのクラシック・ダンスは、これまでガラ公演で観てきた彼女のそれとは全く違いました。グラン・パドドゥひとつでピカッと輝き、観客を楽しませなければならないガラとは、作り方が違う、メイクすら違う。「白鳥の湖」全幕で、オデットとオディールを踊り、演じるとは、2人の主人公を生きて見せるということなのだな。それを実感しながら、音楽や他のダンサーの踊りやら、それはもういろいろ楽しめて満足なりよ。

 残念ながら私は、彼女のクラシックのムーヴメントはオデットに向いてない(私好みではない)と思いました。私の求めるオデットは、どんなに早く動き、足を高く上げたとしても、ダンサーの筋肉が急激に、あるいは大きな力で収縮したように見えてはならないのです。アレクサンドロワはオデットの情感を表現し、私はそれが舞台から伝わってくるのを感じて満足しました。が、もともとたおやか系ではない彼女は、アダージョでは抑制できても、テンポが速くなったり、腕や足を動かす範囲が大きくなってくると、パワー筋がグイッ、とかキュッと素早く収縮するようなスポーティーな印象がぬぐえません。

 というわけで、パドドゥやヴァリエーションでは拍手喝采というわけにはいきませんでした。それは、オデットに与えられたクラシック・ダンスを100%満足して見終えられなかった、ただそれだけのことです。

 かたやオディールはプロットの中にきちんと収まっており、しかしここでは、私はシュピレフスキー@ジークフリートにもんくを言いたい。ここだけじゃないけど。

 …が、書きはじめると夜が明けるので今夜はここまで。私はアレクサンドロワの、そして今日のボリショイの「白鳥の湖」を楽しみました。

 マーシャ、ありがとう。また次も、全幕で関西に来てね!

 余談ですが、今日から堂島川沿い、中之島界隈でイルミネーション祭り(ちゃんとした名前があります)が始まったらしい。京阪の新しい路線も気になっていたので、渡辺橋から一駅だけ乗ってみました。写真は終点コンコースの電飾。水底をイメージしたものらしい。実際に行ってみたら、そんな気分になれたよ(ワイン飲んでたし♪)。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ