シュツットガルト・バレエ オネーギン  バレエ・ダンス

 11、12月の劇場通いもいよいよ終盤。12月2日には大阪フェスティバルホールへ「オネーギン」を観に行きました。とてもよかったです。

プーシキンの韻文小説に基づく3幕のバレエ
「オネーギン」

 日時:2008年12月2日18時30分開演
 会場:フェスティバルホール

 振付:ジョン・クランコ
 音楽:ピョートル・I・チャイコフスキー
 編曲:クルト=ハインツ・シュトルツェ
 指揮:ジェームス・タグル
 管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

 装置、衣装:ユルゲン・ローゼ

《キャスト》
オネーギン:イリ・イェリネク
タチヤーナ:アリシア・アマトリアン
レンスキー:フリーデマン・フォーゲル
オリガ:カーチャ・ヴェンシェ
グレーミン:ダミアーノ・ペテネッラ
シュツットガルト・バレエ団

 パドドゥがきれいでした。バレエ音楽「オネーギン」として新たな性格を与えられたチャイコフスキーの小品、声楽曲、管弦楽曲の、なんと叙情的であったこと。クランコの選曲の意図を、あれこれ思い巡らせてみるのもおもしろそう。時が移り、ふたりの心の有り様は変わっても、同じ音楽が再度使われているところなど。
続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ