2月に行ったダンス公演  バレエ・ダンス

 いそがしい、落ち着かないと言いながら、2月は一昨日の芸文センターのほかに、ふたつのダンス公演に行ってきました。

 ひとつめは2月8日(日)、上京の日程をほとんど無理やり合わせ、モナコ公国モンテカルロバレエ団のオーチャードホール公演「ラ・ベル」を見ました。この作品のライヴは初めて。6年ほど前、日本初演の直前にテレビ放映されたのを見て、な〜んて斬新で美しいのでしょ♪と、たちまち虜になってしまった作品です。

 音楽はチャイコフスキーのバレエ曲「眠れる森の美女」と「幻想的序曲 ロミオとジュリエット」。脚本はシャルル・ペローの「いばら姫」をマイヨーが翻案したもの。19世紀の古典作品のように、善なる妖精が続々と出てくるとか、ひねくれ妖精がお誕生祝いに招待されなかったとか、100年後の呪文で順調に大団円…といったエピソードはありません。

 古い時代のファンタジーに、親子関係、思春期に家族の庇護から離れたときに受ける傷、そこからの再生といったテーマを入れ込んで再構築しています。

 原作の終盤は王子とオーロラが結婚し、二児を授かります。それを知った王子の母親は彼を戦場に遣り、嫁と孫を煮て食おうとしたところに王子が帰り…となります。マイヨーはこちらの結末をとっているのですが(子どもはいない)、チャイコフスキーがそんな話には音楽を書かなかったので、物語が疾走する終幕には「幻想的序曲 ロミオとジュリエット」を持ってきたんであります。
続きを読む
0

ノイマイヤーの「椿姫」  バレエ・ダンス

 短い2月が逃げていく〜。やっと手をかけた崖っぷち、今日は27日(汗)。どうにか、日記を書く生活がもどってきたぞ、ふう。

 バンビ〜ノのお受験もさることながら、自分自身が関わっている案件もあって、先週末までパソコンと大格闘。かすむ目、凝り固まった肩がやっと回復してきたぞ。

 今日はFM放送でヴェルナー・ギューラの「冬の旅」(シューベルティアーデ2008)を聴きながらブログを更新。ギューラのしなやかで澄んだ美声が好き。今週の月曜日(2月23日)、地上デジタルで放送された2002年のベルリン国立歌劇場「コシ・ファン・トゥッテ」(バレンボイム指揮)、ギューラのフェランドはよかった。ヴィジュアルはさておき、恋人の貞節を疑うことなど知らないフェランドのアリア「いとしき人の愛のそよ風は」など、ほんとカワイイ。能天気な南国気質をほんわか漂わせてさ。

 ギューラのいいところは、そんなフェランドの変容を演技しながら声をきっちりコントロールして聴かせてくれるところだと、私は思う。1幕で昼寝前のイタリア男…みたいなアリアを歌ったフェランドが、恋人の裏切りを知り、頑健に抵抗を続けるフィオルデリージに最後のアタックを試みて陥落させる二重唱の場面など、いちばんの見どころ、聴きどころ。演技は、「狙ったとおりになりはしたが、自らの所業で最低の気分になっちまった男」のたたずまい。歌は、音の跳躍やクライマックスのもりあがりをチカラワザなしでやってのける、見えないパワー。

 このシューベルティアーデ2008のライヴ録音、昨日はブラームスの重唱曲コンサートだったのに、聴き逃しちゃいました。ハンブルク・バレエ団の西宮公演「椿姫」に行ったからです。
続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ