グルジアバレエ2010 びわ湖公演  バレエ・ダンス

 グルジア国立バレエ団の踊る芸術監督(プリマ・バレリーナにして芸監)、ニーナ・アナニアシビリは、10歳頃にはジュニアのフィギュア・スケーターとしてどこぞの大会で1等賞を取るほどだったとか。その後、トビリシのバレエ学校、モスクワのバレエ・アカデミーを経て1981年にモスクワ・ボリショイバレエ入団。ソ連崩壊後はアメリカン・バレエ・シアターなど、西側のバレエ団でも活躍し、日本にもファンが多いそうです。

 私がニーナを知ったのは2003年頃です。90年代から続いている「ニーナと仲間たち」のVHS映像を買い、繰り返し見ていました。そして「仲間たち」日本公演(2004年2月)を、びわ湖ホールで観ました。ボリショイ・バレエ団のプリンシパルのほか、グルジア・バレエ団のコールドも引連れて、ファジェーチェフがアレンジした「白鳥の湖」の他、コンテンポラリー2作品を上演しました。あの時は、ニーナの温かな人柄が会場全体に行き渡ったのか、1階後方の客席から舞台袖に向かって、子どもや女性が何人もかけよって拍手していました。

 今年は、2004年から芸術監督を務めるグルジア・国立バレエ団を率いての来日公演です。サアカシュビリ大統領に依頼されて引き受けた芸監だとか。2004年の「白鳥」では、コールドがすらりと細身の若手ながら、フォルムがなんだか違うな〜と感じたものですが、今回はニーナの薫陶6年を得たバレリーナたちを見るのが楽しみでした。

 でも今日はロミジュリ。20世紀のソ連作品とて、トゥ・シューズで踊るソリストはジュリエットとその友人数人のみ。チュチュを着た古典、ロシア帝室バレエとはちと趣が違いました。
続きを読む
2




AutoPage最新お知らせ