佐渡裕「コジ・ファン・トゥッテ」2014兵庫芸文センター  演奏会

6月のノイズム「カルメン」に続き、7月、仕事いそがしくてボロボロまっただ中でも行く。モーツァルトだもの、コジ〜だもの、主要キャスト陣はアメリカ組だもの

観たのは、このキャストの最終日。
あたりだったよ。

てか、オーケストラの演奏を聴いただけで、モーツァルトの甘味料に自分がとろけていくのがわかる。幸せ。

フィリップス@フィオルディリージ、どっしりした優等生。
ドラベッラ役のピケス・エディさんは、美人で若々しく、身も心も軽薄な妹娘を体現。デスピーナ役のペトロヴァは、これまで見たどの歌手より庶民的。すでに結婚と別れを経験し、いくつになっても自分をかわいらしく見せることができるしたたかな姐さんふう。歌、レチタティーヴォとも、小気味いい。女性三役の喜劇的な場面をリードしてました。

喜劇的な…といえば、男性三役は、女性陣よりも〜っとがんばってました。
ゲネプロでダブルキャスト両方とも鑑賞した人の話だと、アメリカ組のほうが、オペラ・ブファらしかったということです。

男声については、やっぱりバリトンがかっこいいなと思う反面、劇場の4階なんていう遠くで聴くと、高音が勝ってしまうのか、録音、録画を聴くときほど4声のバランスは取れてなかったです。ソプラノのひとり勝ちが残念でした。

テノールはフェルランド役のシェルトンさん。演技はサービス満点でしたが、1幕のラストなど、派手な見せ場で、まさかの地声…いやその一歩手前? と、はらはらしてしまうところがあり、フィオルデリージを陥落させる場面が終わると、会場から「チャド、ブラボー」と、静かなお声がかかりました。

それでもなんでも、オーケストラから歌手、コーラス、舞台装置(私好みの写実的でシンプルな)、総合力で楽しませていただきました。
次のモーツァルトは、いつかな〜
0

ノイズム「カルメン」 兵庫公演  バレエ・ダンス

今年、行った舞台のなかで、白眉はノイズム兵庫公演「カルメン」。
ノイズムの劇的バレエは初めて観る。金森さんの作品は、抽象しか見たことがなかった。

弁者つき。カルメンも声を上げる(「ホセ」とか、エキセントリックな叫び声とか・・・)
意外だったな〜。金森さんといえば、抽象作品=ノンプロットものをつくる人・・という勝手な思い込みがあったから。言葉というのは、その対極のように思うので、
「いやだ、理屈っぽいのは〜」と気が落ちかけたところでカルメン登場。
四つん這いになって、獣のように吠える。うっわ〜。

スクリーンにダンサーの影を投影し、マイムを見せる場面がいくつもあって、それは物語を部分的にスピーディーに運んだり、カルメンという女の造形を、強い輪郭線で浮かび上がらせるのに成功していると思ったよ。

ノイズムの2つのグループが演じるこの作品、ラストシーンは、ドン・ホセも含めた登場人物たちが、記念撮影みたいに2段に並んで、思い思いの表情と姿態で客席正面に並ぶ。ありゃ。「ワンピース」?
名もない若者たちの群像劇ってことかな。
演じる身体が、どうしてもラテン系には見えないので、ノイズム・ダンサーの群像劇と言う方が当たってる気もする。

そして、その前にカルメンが立つ。
私が持って帰ったのは、カルメンという女の、どうしようもない「業」。

ちょうど仕事がいそがしくなりはじめた6月下旬の公演。観に行ったところで、疲れて、後悔するんじゃないかと予想していたけれど、とんでもない偏見、嬉しい誤算でしたわ。
あのころは、仕事から帰宅しても、気分をうまく切り替えられなくて、いっつも頭の中に気がかりが引っ掛かっていたものだけれど、カルメンを観た日は、そういう憑きものみたいなのが、いっさいがっさい消し飛んでしまい、翌朝目が覚めてみると、すっかりリフレッシュが完了してたよ。
0




AutoPage最新お知らせ