ホフシュテッターの弦楽四重奏曲  CD・レコード

 前回のエントリー(3月31日)にコメントをいただき、ハイドンの作品群に紛れ込んだロマン・ホフシュテッター作曲の弦楽四重奏曲のうち、4曲が聴けるCDを紹介していただきました。
木曽さんのホームページ、「木曽のあばら屋」
 「音楽の感想小屋」から
 「伝ハイドン(ホフシュテッター)/弦楽四重奏曲」です。

 このエピソードを拝読し、私はなんとなくほのぼのと穏やかな気持ちになりました。僧院で貧しい生涯を終えたというハイドン・ファンのホフシュテッターさん。でも私は弦楽四重奏曲「セレナード」を聴くと、彼は創作の喜びを知っている幸せな人だったのじゃないかと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

 木曽さんのサイトでも紹介されていますが、CDはこちらです。
@TOWER.JP
ハイドン:弦楽四重奏曲(ホフシュテッター作)
 第15番、第16番、
 第17番「セレナード」、第18番
 【演奏】コダーイ・カルテット



ところで私、ハタと気がつきました。前回のエントリーでは作品の番号を間違って書き込んでいたのです。
数字に弱いもので(←言いわけ)たった2桁を…
誤)第17番「ひばり」、第67番「セレナード」
正)第67番「ひばり」、第17番「セレナード」
でありました。

4月3日追記:凜虞さんがコメントにて、上で紹介したCDには収録されていないホフシュテッター作品の情報をくださいました。同じくコダーイ四重奏団のハイドン集です。

 ホフシュテッター作品とされている第13番と第14番を収めたNAXOS盤。カップリングはハイドンがカッサシオン(管弦楽曲)を弦楽四重奏として編曲した第9番と第11番だそうです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/4/6  20:00

 



トラコミュ「弦楽四重奏」一周年企画、「ハイドンのカルテットの日」にご参加いただいた皆さまに御礼申し上げます。

エピローグを記すにあたって、ニックネームがある曲でしたら第74番「騎士」、ない曲でしたらば第43番ニ短調作品42の何れかを採り上げようと思ってい 




AutoPage最新お知らせ