ワガノワ・バレエ・アカデミー 兵庫公演  バレエ・ダンス

 もう日付が変わってしまいましたが、昨日ワガノワ・バレエ学校の2008年日本公演@兵庫芸文センターに行ってきました。プログラムA(海賊第3幕&ガラ)でしたが、少し変更がありました。

ワガノワ・バレエ・アカデミー
 「海賊」第3幕&ガラ


 日時:2008年7月26日(土)午後4時開演
 会場:兵庫県芸術文化センター 大ホール

【プログラム】
1.「クラシック・シンフォニー」より第1楽章
  音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
  振付:イリヤ・ラリオーノフ

 低学年と中学年による群舞。バラバラもご愛敬の幕開け。ソリストの柔らかなムーヴメントを見るにつけ(特に腕の動き)、ワガノワの動きはこの鋼色のシンフォニーには向かないんじゃないかと思われ・・・

2.「くるみ割り人形」よりマーシャと王子のアダージョ
  タチアナ・チリグゾワ ドミトリー・チモフェーエフ
 これを何気なくやってのけるマリインスキーのダンサーはすごい。実は難しいパドドゥのようだ。それにしても・・・彼らは最上級生ペアだったと、あとで知ってびっくり。仕上がりはいまみっつくらいであった。

3.「コッペリア」より男性のヴァリエーション
  セルゲイ・ウマネツ
 容姿、存在感とも「ほんとに19歳?!」とびっくりするくらい、大人びたダンサー。ごく当たり前に上手だったのが、出番の関係で非常にありがたく思えた。

4.「シェエラザード」よりデュエット
  ダリア・エルマコワ デニス・サプロン
 エルマコワの解釈と表現に脱帽。サプロンはバレリーナに同調できる、いいパートナーでした。

5.「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」よりパドドゥ
  ユーリア・チッカ ワシリー・トカチェンコ
 チッカは愛らしくもしっかり者のバレリーナ。トカチェンコは運動量の多さとサポートの負担で姿勢が崩れがち。でも身体能力は高そう。

6.偶然の出会い
  スベトラーナ・シィブラートワ アレクセイ・クズミン
 プログラムに掲載されていない、謎のコンテンポラリー作品。作品のテーマも謎だ。偶然の出会いとしばしの道行き…以上でも以下でもない、中身はそれだけ?ダンサーがもったいない。

7.「マルキタンカ」よりパドシス
  ヴィクトリア・クラスノクーツカヤ イリヤ・ペトロフ
 このくらい難しい作品になると、見ている方は発表会的応援モードになるかと。ペトロフくんは、あまり大柄ではありませんが身体能力は高そうです。

  休憩

「海賊」より第3幕(第2幕のパドトロワつき)
  メドーラ:リリア・リシューク
  ギュルナーラ:ナデジダ・バタエワ

  メドーラ:ユーリア・チェリシケーヴィチ
  アリ:中家正博
  コンラード:アレクセイ・クズミン

 低学年も生徒も出てきて大団円。
 メドーラは2人とも美しかった

 プロコフィエフの交響曲第1番「古典」の第1楽章に振り付けた、いかにも学校のエチュードふう作品で幕開け。低学年と中学年の生徒による踊りだったため、多少「あちゃ。。」と思うところもありましたが、3番目の「コッペリア」男性ヴァリエーションあたりから持ち直し、以降は高学年や3月に卒業したばかりのダンサーたちによる、完成度の高い踊りが見られました。まあ、10歳そこそこから教育されてきた専門学校生ですから、それなりに。

 それなりとはいえ、男性と女性の完成度はずいぶん開きがあるものだと思いました。特にパドドゥを踊る男の子はたいへん。ヴァリエーションでジャンプやターンの見せ場をいくつもこなし、そのうえ女性のサポートもせねばならん。「もうダメ、ぼくヘトヘト」という声が聞こえてきそうであった。

 いちばん「おおっ」とこころ動かされたのは、コールド・バレエでした。10代後半の女性の美しさはもちろん、全体の一致とか統一感の妙が胸にしみたよ。それは厳格なレッスンによって到達したということを思い起こさずにはいられないパフォーマンス。よく言えば健気な、言い方を変えれば舞台裏のレッスンを想起させてしまう未熟な姿。学校公演の魅力でもあります。

 それから、全く期待していなかった「シェエラザード」が、意外なほど印象に残りました。9年生(今年3月卒業)のペアでした。ふたりは「国王の若い愛妾シェエラザードゾベイダと、逞しさと従順が取り柄の金の奴隷」といった風情ではありますが、大人のダンサーに漂う官能はほとんどありません。シェエラザードゾベイダを演じたダリア・エルマコワは、シェエラザードがハイティーンだったなら、そして後宮の日常で、ふと自我の声を耳にしてしまったら、そんな時に主人以外の男性に出会ったら、彼女は戸惑い、何かを話そうとし、やがて・・・といったストーリーを踊り切った感じ。有閑マダムの情事に陥ることなく、最後まで飽きさせませんでした。

 来日したのはバレエ学校の2年生から今年3月に卒業した9年生まで、87名の生徒。芸術監督は元マリインスキー・バレエのプリマ・バレリーナ:アルティナイ・アスィルムラートワ。パートナーのコンスタンティン・ザクリンスキーも教師として来日しています。余談ですが、アナスタスィア・ザクリンスカヤ(1993年生まれ、4年生)という生徒も来日しています。プログラムの写真を見ると、黒髪、ほっそりした卵形の顔、大きくて少しつり上がった目…アルティナイとザクリンスキーの愛娘かな?確かめることはできませんが、そんなことをふと思いました。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ