聴き慣れたから?  オンエア・クラシック

 自宅ミニコンポのスピーカーで聴くFM放送、ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番。バーンスタイン弾き振りのニューヨークフィルの演奏で、最も意外だったのは、ピアノが大人というか…音色といい、和声といい、えらくスマートでクリアだったことです。

 また、オーケストラのベクトルは、角を面取して優等生的に仕上がってた気がします。この作品では、もっと尖んがって、ピアノと掛け合い、やり合ってくれるのが好きなんだけどナ。

 ピアノの和音は、オリジナルとは別物かいなと思うほど、きれいでつじつまが合っているように聞えました。ショスタコーヴィチの和声って、もっとクシャクシャして、謎で、すっきりしない etc... 私の言葉では表現できない「塊」が、作曲家の意のままに飛びまわるものだと思っていたのに。この2ヵ月で4回目のピアノコンチェルト第2番とて、私の耳も聴き慣れたかな。バーンスタイン、デビューしたばかりの荒馬を、はやくも乗りこなす。馬の背は激しく上下すれども、身体はまったくガクガクしないスーパーライダー。

 一番ビックリしたのは、突然、自分の音感がよくなったかと思うほど、和音の1つ1つの音がスキッとまっすぐ、離ればなれで聞えた(ような気がした)ことです。いやもちろん、それを記譜してみろと言われたら…すみません、出来ません ですが。でも、そんなふうに音がひとつひとつ、まっすぐ並行に、こっちに飛んできたように聞えたのです。あれって、録音やリマスタリングたらいう、テクノロジーの為せる技なんでしょうか。

 ラジオ放送なので繰り返し聴くことはできませんが、いろいろと愉快で、気になるところが次々出てきて、しばらく気になる体験でした。

 ↓音盤はこれらしい。

レナード・バーンスタイン
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲

 ピアノ協奏曲第1番ハ短調
 ピアノ協奏曲第2番ヘ長調
  (ショスタコーヴィチ作曲)

 2台のピアノのための協奏曲ニ短調
  (プーランク作曲)
 演奏:ニューヨーク・フィルハーモニック
 指揮:レナード・バーンスタイン


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ