夏はまだまだ  バレエ・ダンス

 今夜も暑いです。
 兵庫県芸術文化センターから、ニュースレターが来ました。演目の発表を、今日か明日かと待っていたベルリン国立バレエ団兵庫公演は、ボリス・エイフマン作品「チャイコフスキー〜光と影〜」だそう♪ 苦悩する作曲家の人生の「光と影を、ドラマチックなバレエで綴る」バレエです。

 演奏は大阪センチュリー交響楽団。演奏される作品は、交響曲第5番、6番、弦楽セレナードやイタリア奇想曲など。

 チケットの発売は9月。

 7、8月は英国ロイヤルバレエ団兵庫公演「ロミオとジュリエット」、ルジマトフの「バレエの神髄」、佐渡裕プロデュースオペラ(?ミュージカルだったんじゃないかえ?)「キャンディード」、そしてAJDF特別プログラム(受賞作品上演)を観ました。

 明日以降、日時やキャストだけでもメモを残していこうと思います。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2010/9/1  21:45

 

<佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2010>
2010年8月1日(日)13:00/兵庫県立芸術文化センター

指揮/佐渡裕
兵庫芸術文化センター管弦楽団
ひょうごプロデュースオペラ合唱団

演出/ロバート・カーセン
美術/マイケル・レヴィン 




AutoPage最新お知らせ