シクラロヴ@ライモンダ終幕  バレエ・ダンス

 テリョーシキナの相手役、マリインスキーのシクラロヴ・・・わぁ、この表記、はじめて。
 写真を見れば、誰のことかスグわかる。

 一緒に観に行ったツレが言った。
 「あの相手役、だんだん調子を上げて、最後は踊りまくったナ」
 ・・・観たまま、素直な感想です。

 公演のトリはライモンダ終幕のグランパドドゥ。
 コールド、ソリスト、エキストラ一切なし。

 マリインスキーの白い衣装、ライモンダ(テリョーシキナ)の小さな帽子は、前に一本、白い羽がピンと立ったの。
 
 ライモンダとジャンがルンルンと、スキップでもしちゃいそうな調子で登場。このシーン、思い出すだにかわいらしい。
 グランはチャルダーシュふうだから大好き。
 ゆっくりしたテンポでたっぷり見得を切り、やがてどんどんテンポを上げて盛り上げていく。

 王子、王女の結婚式のような威厳にとらわれず、ラブラブのカップルが披露する、ハッピーなグラン。
 シクラロヴはサポートとリフトを無事にやり遂げ、バリエーションやコーダは、ガッシリしてきたおなかと太腿が功を奏して(?)、なかなか大きく見える。祝いの席の踊りを、ダンサー自身も楽しんでます、どうぞご覧じあれ!という感じ。
 そういうとこがツレにもよく伝わったんだろうな。


 マリインスキーのサイトでテリョーシキナやイワンチェンコの写真を見ていくと、ライモンダのシーンがいくつかある。上演されてるんだ♪ 日本公演にも持ってきてほしい。
 この演目、ソリストはもちろん、主役のバレリーナもたくさん踊る。体力的にきつい演目なのかしら。観たいな〜。
 ライモンダ全幕は、びわ湖ホールでボリショイのアレクサンドロワがタイトルロールのを観た。疲れ知らずのライモンダ。終幕も青い衣装だった。
 マリインスキーの白い衣装、羽根つき帽子も、来て来て〜
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ