ふりかえる日  CD・レコード

 ひさしぶり、私のPartita.

 家族が楽しみに待っていてくれるので、今年もシュトーレンを焼く。いつもはもう少し早くするのだけれど、今年は平日が忙しいので、休日にまとめて。

 粉を買い、レシピを整理し、ぬかりないようにシミュレーションし…気分が乗ってくるまで、少し気が重い。

 1回目は作り方やコツを思い出しながら。
 さて、音楽は何にしようか。いつもは舞曲なのだけれど、今日は1日で4回焼き。はじめから飛ばすと持たないよ。ローカルFM局の番組でも流しっぱなしにしとこうか?

 でもまてよ…と、選んだのはベートーヴェンのピアノソナタ。CDラックを眺め、思いの外いろいろ買い集めていたことに気づき、ジャケットを見ているうちに懐かしくなって。ほんの3年かそこらの収集なのだけれど、買い始めた頃がずいぶん前のことのように思える。

 なかなかよいな、年末のこの祭日。数十分の発酵時間に年賀状を作りながら焼ける。

BEETHOVEN:PIANO SONATAS GULDA
 
 まずはフリードリヒ・グルダ、1957年ロンドンでの録音。「月光」、「田園」、「ワルトシュタイン」の3曲。

 喜んでくれる人がいる幸せ、それを味わうためにはじめたことなのに、重〜い第1歩を踏み出した気分そのままの「月光」第1楽章…に感じられたよ、私には。

 外連がない。楽譜に書かれたことを淡々と鍵盤に写していくような始まり、かな。風のない月夜に、葉陰の小径をどこまでも歩いて行く人に寄り添うような静かな叙情を感じる。

 グールドの演奏する第1楽章は、月光がさざ波の立つ湖面に休みなく煌めく情景がたちまち浮かんでくる。その鮮やかさときたらもう…。さらさらと流れていく時間が心地よくて、吸いこまれるように虜になってしまう。それが好きだったけれど、今日の気分にはグルダがいい。

 グルダは第2楽章も声高な感じがなく、そっと歌い始め、幕間の間奏曲か劇中の楚々とした挿入歌のように去っていく。

 3楽章Presto agitato は低音部の音が心地よく、舞い上がるのはまだまだ〜といったところ。ピアノの音に、よく締まった太く真っ直ぐな木を打つような質感があって、ひとつひとつの音がはっきりと打鍵されて聞こえてくる。潰れたような和音に荒っぽさを感じるけれど、音盤の冒頭にふさわしい落ち着いた気分にさせてくれる演奏だと思う。余談だけれど、パイ・シートを焼くとき、膨れすぎないように小さなアルミ粒の重石を乗せるのだけれど、今日はグルダの演奏を聴きながらそれを思い出したよ。タルト・ストーンとかいう…。

 音盤ラストのワルトシュタインも、グルダの演奏そのものに華やかさは感じないのだけれど、第3楽章の Prestissimo を聴いているうちに、何かしらじわじわと思い浮かぶことがある。

  ワルトシュタインさんって、華麗な人だったらしい…

 演奏しているグルダの情感ではなくて、ベートーヴェンがワルトシュタインの名を呼び、讃えているような感情の迸りのを感じるのさ…
1

夏風邪にはセレナーデを  CD・レコード

 関西もとうとう梅雨入りしました。
 昨日まで、ほんとに好天続き。私は天気がよいと、もうそれだけで機嫌も体調もよくなるほどオヒサマダイスキ。なので、カレンダーが6月に変わるやいなや風邪をひきましたが、陽気と忙しさのおかげで10日間持ちこたえました。その10日目、医者にかけこみ、いろいろ薬を処方してもらって、やっと人心地がつきました。

 6月5日は、びわ湖ホールへピナ・バウシュの「私と踊って」を上演するブッパタール舞踏団を見に行きました。これがまた、よく晴れた土曜日で、湖岸は早い夏の光と水を楽しむ人がのんびりと。風邪っぴきでなければ、私も日暮れまでのんびりしたものを…。

 作品は、バウシュのブッパタール就任初期の作品とはいえ、完成度が高く、前回来日の「フルムーン」を見損ねたのは惜しいことをしたと、改めて思いました。舞台後方、ほぼいっぱいの幅に据えられた急斜面はすごく高くて、ダンサーが何度も滑り降りてくる そのてっぺんが、2階席から見えるかな?というほど。クライマックスで舞台上部から、根こそぎの枯れ木が2本降ってくる、その2本が計ったように舞台幅の約半分の長さ。それが舞台に落ちる音の大きなこと! 象徴的でスペクタキュラーではありませんか。

 音楽はドイツの古い俗謡を、なんとダンサー自身が歌い、伴奏はリュート1本。台詞もあり。プログラムにはもちろん、その日本語訳があるのですが、入場者には漏れなくプリントが手渡されます。なんて行き届いたこと!

 それにしてもダンサー。素晴しいですね〜。モダン作品ですから、これで決り!というフォルムやラインがあるわけではありませんが、動きも立ち姿もほんとに美しくてカッコいい。声もきれい&よく通ります。どれだけ鍛錬してるんだろう。才能の豊かな表現者がいっぱいでした。

 モダン作品ですが、抽象、具象の塩梅が絶妙。深読みしようとがんばらなくても、なにがしか自分のアンテナが感応するものを持って帰れたように思います。


 それにしても、昼間は「もう治り始めてるのかも?」と勘違いし、夜になると「ありゃ、不摂生が祟ったワイ、ごほごほほ」の繰り返し。そういう毎日に聴いていたのは、このCDです。

セレナード集
ドヴォルザーク、スーク、ヴォルフ、グリーグ
ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団
クリックすると元のサイズで表示します

 グリーグのは「ホルベルク組曲」。
 冒頭、ドヴォルザークのセレナーデが、優しくそっと話しはじめる女性の声のように思えるモデラート。へとへとの時によく効く音のシャワーなり。アンテナゆるゆるにたるませて、耳に入るまま身体にしみ込ませて心地よいメロディー。

 「ホルベルク組曲」も、これまで聴いた中でいちばんおっとりした感じ。

 夏の風邪は、空気が暖かいだけに、なんとなく寝込まずがんばってしまうもの。そんな毎日の終わりに、今日も明日も聴きたい「おつかれさま、今日はどうだった?」なんぞという問い、ふっくらした声の相づち、柔らかな笑い声…やがて聴き入ってしまう快活な話し声…そんなセレナード集なのでした。
2




AutoPage最新お知らせ