2011/1/24

This Never Happened BeforeC(完結編)  Paul McCartney

英国時間12月18日土曜日
地下鉄セントジョンズウッド駅近くのカフェ
Richoux(リシュー)を出て数分後
空色の毛糸の手袋をしていたポールと
握手してもらったワタシ。

そのすぐ後の記憶はぶっ飛んでしまっている。
Tちゃんも
ポールに握手してもらったよね?
ああ・・・。

正気に戻ると
ポールは雪の中をどんどん歩いていて
通りの向こう側に移動しつつあった。
距離を置きながらも
ポールの後を追うTちゃんとワタシ。
すると一台の車の前で止まるポール一行。



濃い目の空色のBMWかな?
どうやらメアリーの車らしい。
ポール一行とワタシたちの距離は
数十メートル。
遠巻きに見ているという感じだ。

メアリーは
ボンネットに積もった雪を手で落としてる。
ポールは車の横で
彼女に話しかけているようである。
もちろん小さなベアトリスにも。

そんな父娘3人の間でいつの間にか
ちょっとした雪合戦が始まった。
ベアトリスのはしゃぐ声と
ポールのなんとも大げさなリアクション!

そうなのだ。
まるでビートルズ映画そのままのような
ポールのリアクションぶりに
思わず震えてしまいそうになった!
うひゃ〜!
すごいシーンを見てしまったぁ・・・。

それに加え
この父娘の仲の良さ。
微笑ましいやら、うらやましいやら。
こうして幸せそうなポールを見てると
「良かったね、ホントに良かったぁ」
自然とこちらも同じような気持ちになる。

やっとメアリーが車に乗る時が来て
ポールは彼女をギュッとハグ。
しばしメアリーとはお別れだ。
颯爽と走り去るメアリー。

ここでポールが父娘を
ずっと見ていたワタシたちに気付いた。
ポールは少し厳しい顔をしながら
「もう離れてくれないか」
というような意味の言葉を
ワタシたちに投げかけたように思う。

あっ、ごめんなさい・・・。
しかし、詫びの言葉が伝わるはずもなく
ポールはくるりとワタシたちに背を向け
ベアトリスの手を引きながら
彼の自宅とは反対方向に歩き出した。

ちょっと迷惑だったかな・・・
でも、幸せそうなポールを
どうしても見ていたかったから。

小さいベアトリスと
手を繋いで歩くポールの後ろ姿は
とても若々しくて
70歳も近い人には全く見えなかった。

そのあまりの素敵さに
いつまでもいつまでも
ポールが見えなくなるまで
雪の降りしきる
セントジョンズウッドの街に
じっと佇んでいた
Tちゃんとワタシであった。

クリックすると元のサイズで表示します
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ