2005/6/30

足りてない  

最近、渋谷を歩く機会があった。
しばらく歩いてない間に街が変わっていて驚いた。

渋谷は自宅からも職場からも近いのでよく行く街だったのに
知らないうちに駅前のビルがなくなってた。
知らないうちに新しい歩道ができていた。

そう言えば渋谷を通るのってほとんど夜遅くばかり。
ライブの帰りとかだ。
それじゃ街の変化なんてわからない。

何年か前までは平日に休暇を取ってはあちこち歩いていた。
だが今はなかなかそれもできない。

あ、何か足りてない気がしてたのはこれだったんだ。
ブラブラと街を歩くこと。
好きなモノたちに気ままに触れること。

そうだ、これからはこっちにシフトするかな・・・
ってことはライブ通いが減るのか?
そろそろ飽きてきた?ん?(爆弾発言?・・・笑)
0

2005/6/29

ポール・マッカートニー強化月間 その5  Paul McCartney

今日はビートルズ来日記念日!
当時ワタシは小学1年生。
残念なことに我が家にはビートルズのビの字もなかったらしく
従ってワタシの記憶にも彼らの姿はないのだ・・・悲しい。
でも仕方ないよねぇ。

ところで久しぶりにアナログ盤を買った。
DJザ・フリーランス・ヘルレイザーによる
ポールの曲のリミックス・アルバムTWIN FREAKSと
リミックス・シングルReally Love Youだ。
ザ・フリーランス・ヘルレイザー(ロイ・カーの別名)は
2004年ヨーロッパ・ツアーのプレショーで流された
リミックスを担当したDJである。


クリックすると元のサイズで表示します

ダンス・ミックスとのことだったが聴いてみると
ポールの曲があちこちに上手くサンプリングしてあったり
1曲まるごとがパワー・アップされリミックスしてあったり
また意外にメロディ重視の作りをしている。
ポールの声もよく聴こえてなかなか心地よい。

アルバムのジャケットは多分ポールが描いた絵。
いかにもポールらしい絵なのだが・・・(爆)


クリックすると元のサイズで表示します

シングル盤は透明なビニールの袋に白色でタイトルが
模様のように描かれている。
片面のみ聴ける仕様で裏面はTWIN FREAKSの絵が彫ってある
という凝った作り。


クリックすると元のサイズで表示します

ポールの新曲というわけではないけれど新鮮な感じ。
ダンス系はあまり得意でないワタシなのだけど
このリミックスは結構気に入ってしまった。
カッコいいです。
特にTemporary Secretaryはおススメ!


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/28

ケロリン  

昨日は体調最悪の日。

あんまりそういう日ってないんだけど
昨日は朝起きてからずっとアタマが重くて
カラダもだるくて・・・。
と言って熱はないので風邪じゃない。

月曜日だから”行きたくない病”かと思ったが
職場に着けばカラダもあきらめて仕事モードに
いつもならなるはずのところなのに全然ダメ。

アタマもカラダも動かないから困ってしまい
保健室で寝ていようかと・・・
でも職場の人に心配かけたくないし・・・
結局そのまま、ボーッとしたままお昼になった。

食欲もなかったがフラフラといつものカフェへ。
無理してでも食べないとクスリも飲めない。
やっとこさ食べて頭痛だけでも何とかしようと
ケロリンを飲んだ。

ケロリンは中学生の頃からお世話になってるおクスリ。
偏頭痛持ちのワタシには欠かせない。
他のクスリは何故か全く効かないのでいつもこれ。
置き薬屋さんが置いて行くケロリン。

そして午後になり少しずつ回復の兆し。
夕方までにはフツーに戻った。
ありがとう、ケロリン。

しかし何だったのだろう?
夏バテか?
少し前の冬はやたらと元気だったのになぁ。
夏には強かったのにちょっとショック。
歳には勝てないってコトか?
んんん・・・。

こんなことじゃ渡米できないぞぉ。
気合の入れ直しだぁ〜!


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/27

上から見れば  

動物病院にションタロを連れて行った時
獣医さんから「アメショー入ってますね」
とおだてられちょっと嬉しい飼い主。
そんなアホ飼い主、それはこのワタシ(苦笑)

だけどこんな風に上から見るとそう思えなくもない?
擬似アメショーって感じ・・・!?


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/26

ご協力お願いします!  

6月16日のブログで書いた「MAKE POVERTY HISTORY」
この白いリストバンドの日本版「www.hottokenai.jp」が
来月から日本でも発売される。

世界に遅れを取ってるな〜と思っていたけど
これでやっと追いつくことができるといいな。

朝日新聞の記事によれば
サッカーの中田英寿選手もコンフェデ杯の練習中に
このリストバンドをしていたそうである。

そんなことくらいで世界の貧困なんか減るわけないし
ほんのキレイごとだと言われるかもしれないが
ひとりひとりの気持ちが重なって大きくなれば
要求が実現することだってあると思う。
まず初めの一歩を踏み出さなくちゃね。

ちょっとでも興味のある方は是非お願いします。
1本たったの300円!
全国有名書店やレコード店などで買えます。
日本でのキャンペーンのサイトはこちら


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/25

ポール・マッカートニー強化月間 その4  Tribute Band

またまたやって来たyesterday&Today恒例の六本木ライブ。
1か月経つのって早いなぁ(こればっか・・・笑)

今回披露された新曲の中にポールのThat Means A Lotが。
これって昔お気に入りでよく聴いていたから
やってくれて凄〜く嬉しかった。

それほど聴いてたわりに何に入ってた曲だったか
よく憶えてなくてかなりマヌケだったんだけど
そうそう「ANTHOLOGY2」だ。

イントロが聴こえて来た時に大喜びしたのは
ワタシだけじゃなかったはず。
その上この曲、Y&Tのポール役Pさんにとても合っていた。

ポール目線が得意なPさんまた歌ってね〜。
おっとその前に・・・MCには充分注意しましょう(爆)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/24

ションタロ三態  

ションタロは見ていて飽きない。
好奇心が強く、表情も豊かで、動きはしなやか。


クリックすると元のサイズで表示します

ションタロの体に触れるのが好き。
暖かくて柔らかい。
チカラが入ってる時はゴムまりみたいな弾力。
脱力中だとふわふわ。
ションタロが嬉しい時の喉ゴロゴロはたまらない。
撫でてやるとずっとずっと喉を鳴らして
ションタロもワタシも至福の時。


クリックすると元のサイズで表示します

そして忘れちゃいけない猫名物、肉球。
無理にさわってはダメ。
眠い時にちゃんとお願いしてからそっと実行。
少しだけ許してもらえたらお礼をね。
「ションタロ、ありがとう」と。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/23

IN RED SQUARE  Paul McCartney

ポールのDVDがamazonから到着。
一昨年のモスクワと昨年のサンクトペテルスブルグの
ライブ映像が収録されている。
すでに両方とも視聴済みの映像なのだけど
つい買ってしまうんだよねぇ〜。

昨年の今日はヨーロッパ・ツアーを観るためパリに発った日だ。
「あれから1年ですね!」とそのツアーで知り合った
大阪の友人Mさんからメールが来ていた。

Mさんはパリでポールのバックを務めているブライアン・レイと
たまたまホテルのロビーで遭遇したことがキッカケで
彼のファン・サイトを作ってしまったという行動派。
もちろん本命はポールだけどね。

さて昨年のヨーロッパは急に決まったツアーだったが
ポール自身はとても充実していたように思う。
パリでは運良く最前列でポールを観れたから
その充実ぶりは手に取るようにわかった。
サンクトペテルスブルグの映像を観ても同じように感じる。

だけど不思議なんだよなぁ〜なぜあんなに元気なのだろう。
ポール、何かアブないクスリとかやってるのでは(爆)
・・・と思わず疑いたくなるほど元気。
ワタシなどちょっと風邪ひいただけでヨレってるのに。

やはりフツーの人間じゃないポール・マッカートニー。
あなたは神様のようです、ワタシにとって。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/22

Musical Baton  Music

よね。ちゃんからMusical Batonが回って来た。
一部、ご期待に応えたいと思う。

なお”一部”と言うワケはワタシから他の人に
「Baton」は渡さないため。
(「Baton」には指揮棒という意味もあり、ブログ上の繋がりを
終わらせることも指揮者の手に委ねられているそうなので。)
よね。ちゃんゴメンね。

■Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

Routine 554.77MB
Toramin 44.26MB
(RoutineとToraminはPCに付けてる名前・・・笑)
・基本的にPCで音楽は聴かないがHP用とかのファイルあり

■Song playing right now
(今聞いている曲)

I Like Chopin / Gazebo
・今日たまたまケータイの着うたフルでダウンロードした

■The last CD I bought
(最後に買ったCD)

Early Times / LOVE PSYCHEDELICO

■Five songs(tunes) I listen to a lot,  or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

Wanderlust / Paul McCartney
Let It Grow / Eric Clapton
Too Much Love Will Kill You / Queen
Strutter / Kiss
I Will / The Beatles
・曲にまつわるエピソードがどうしても知りたい方は
 メールください・・・笑

■Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)
・省略〜
0

2005/6/21

わかりやすいヒト  Paul McCartney

今年も英国でテニスのウィンブルドン選手権が始まった。

実は一昨年まで、ある目的のため主要な試合はほとんど観ていた。
それも試合が始まってから少しだけ。
ある目的とは・・・
もしかしたら「ポールが映るかもしれない!」
観客席に有名人がいるとカメラは見逃さないのだ。

けれど一昨年までずっと観ていたにもかかわらず
ポールは一回も映ったことがなかった。
観たミュージシャンでよく憶えてるのはクリフ・リチャードだけ。
そんな感じだったから昨年はついに諦めてしまった。

しかしワタシはここでポールの行動についての
ありがちなパターンを見落としてしまっていたのだった。
うぅぅ、ポール好きとしてかなり情けない見落とし(泣)

昨年あたりからポールは妻ヘザーと米国滞在中に
スタジアムで野球を観るという姿が目撃されていた。
ポールが野球を観ることなんて今までなかったので
きっとヘザーが観たいと言ったのだろう。

ポールはフェミニストなのか、わりと妻の言うことに従う。
リンダの時もそうだったと思う。
今はヘザーが始めた地雷禁止運動に進んで協力しているし。
(こんな凄い広告塔はいないぞぇ)

そんな事実から考えればポールがウィンブルドンに現れても
全く不思議はなかったのだ。
なのにワタシは昨年に限ってウィンブルドンを観なかった。

そして2004年英国ウィンブルドン。
ポールはヘザーと仲良く観戦していたそうである。
こんなにわかりやすいヒトも珍しい(苦笑)

というわけで昨年大失敗したワタシ。
今年はどうかな?


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/20

Let It Beシングル盤  The Beatles

これワタシが初めて買ったビートルズのシングル盤。

クリックすると元のサイズで表示します

嬉しくてすぐ聴いてみたっけ。
オモチャみたいなポータブル・プレイヤーで。
流れてきたのはピアノのイントロそしてポールの声。
それがまた嬉しくて何回もかけ続けた。

当時は東芝音工製で500円。
貧乏中学生には高価な買い物だった。


クリックすると元のサイズで表示します

そのワクワク感のままひっくり返してかけたB面。
「いったいどんなステキな曲なんだろう?!」
後はお決まりのガッカリ体験。
「何だよ、これ・・・?」
フツーの中学生女子にはYou Konw My Nameの良さが
まだまだわかりませんでしたとさ。

そしてこれも結構お決まりなルビ振り。
今でもエンピツで書かれたカタカナがそのまま残る歌詞カード。
(よく見ると間違ってる・・・爆)
自分でも笑っちゃうけど、その時は覚えたくて一生懸命だった。


クリックすると元のサイズで表示します

でも気持ちはあの頃とほとんど変わってないみたい。
未だビートルズに夢中だから。
0

2005/6/19

ご機嫌ナナメ  

ションタロとの付き合いもすでに5か月を超えた。

ションタロはメリハリのはっきりした性格。
良い時はやたら嬉しそう、嫌な時はとてもヤな顔をする。
カメラをずっと向けてたら「ウザいぞ」と言わんばかりに
耳を横に倒してご機嫌ナナメになってしまった。

それから何より凄いのは、人並み(猫並み?)ではない根性。
これにはたまに降参してしまう。

本人は遊んでいるつもりで飛び掛ってくるのだが
デカくて重いヤツが来るわけで・・・
その上同時に噛まれるのである。
これではいくら遊びでもたまったものではない。
それにこちらも防戦せざるを得ず
飛んでくるたびに投げ飛ばす。

これだけしか書いてないと動物虐待してるみたいだが
ウソだと思う方は今度ワタシの右腕をお見せする。
もう傷だらけなんだぞぉ〜。

しかし何度投げ飛ばしてもションタロはめげずに向かって来る。
この根性たるや物凄い。
終いにはこちらが根負けだ。

だがちょっと待てよ。
この根性があったからこそションタロは生き残ることができた。
捨て猫になった時
道端で通る人すべてにニャアニャア鳴きながら
飛びついていたションタロ。
それがキッカケで今ウチにいるのだよね。

根性猫に根性ナシのワタシ、好対照である(苦笑)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/18

Happy Birthday Paul!  Paul McCartney

今日はポール63回目のお誕生日。
遠い日本からおめでとうを言おう。

今のワタシにとってポールの存在は必須アミノ酸のようなもの。
彼の存在がなければ生きては行けない。
仕事で辛いことがあっても
人間関係で嫌なことがあっても
ポールの姿を思い出したり
ポールの曲を聴いたりすれば
どんな時にも元気が出る。

だからきっとまた会いに行こう。
できる限り会いに行こう。
また元気をもらいにね。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/17

ポール・マッカートニー強化月間 その3  Tribute Band

日曜の夜から引いた風邪が治らないまま一週間。
調子はイマイチだけど今夜は六本木C店で
関西から来るNさんファンRちゃんと初めて会う日。
彼女とお話するのを前からとても楽しみしていたので
終電の頃には帰るつもりでちょこっと出かけた。

SBバンドのNさんは翌日にポール・イベントを控えて
なかなかいい感じでパフォーマンスしていた。
春先の急なSBバンド加入でどうなることかと心配してたが
だんだんと馴染んで来たように思う。

ライブ中はRちゃんと彼女の友人Hちゃんの
関西仕込みの嬌声が何回か響き渡って
Nさんも嬉しそうにしていた。

そのNさんが歌ったHi Hi Hi
18日にイベントでやる曲の早めのお披露目。
おお〜パワフルじゃないか。
やっぱりウィングス好きなんだなぁ、Nさんは。
そんなNさんの口から今夜は印象的な一言が。
「オレ、毎日楽しいんだよ」
結構本気モードのような気がした。

結局ラストまで残ってしまってタクシー帰り。
楽しかったから風邪も忘れてた。

ところでSBバンドの最年少Mくん。
明日のポール・イベントにかなり気合を入れていた。
それで髭を生やしたわけじゃないよね。
不評だと言っていたけどワタシはそんなことないと思う。
もうしばらくそのままにしておけばいいのにねぇ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/16

MAKE POVERTY HISTORY  

昨日のブログに書いた環境ボランティアHさんから
£1で譲ってもらったシリコン製のリストバンド
「MAKE POVERTY HISTORY」
意味は”貧困を過去のものにしよう”


クリックすると元のサイズで表示します

これは発展途上国の債務問題に取り組んでいる団体
「メイク・ポバティー・ヒストリー」が作ったもの。
この団体が7月8日にスコットランドで開幕する主要国首脳会議
(サミット・8か国が参加)を前に7月2日エジンバラで集会を開く。
LIVE8もこの集会当日に開催されアフリカの貧困根絶を呼びかける。

ところでそのボランティア団体の活動PRのため
このリストバンドをした大スターたちが共演する豪華CMが
英国では毎日のように放送されているそうだ。
ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、ジョージ・クルーニー、
ヒュー・グラント、ボノ、ボブ・ゲルドフ・・・などなど。
CMはココで観れる。

リストバンドはボランティア団体のサイトから購入可能のようだが
2月の時点で注文が50万個を突破したそうだ。
凄いPR効果である。

£1で大スターと同じおシャレなリストバンドをしつつ
ボランティア活動にも参加している気分になれる。
これでアフリカ貧困の現状に興味を持つ人が増えれば
なかなかいい取り組みなのではないだろうか?
日本でもやればいいのに・・・と思うのだけど。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ