2005/6/21

わかりやすいヒト  Paul McCartney

今年も英国でテニスのウィンブルドン選手権が始まった。

実は一昨年まで、ある目的のため主要な試合はほとんど観ていた。
それも試合が始まってから少しだけ。
ある目的とは・・・
もしかしたら「ポールが映るかもしれない!」
観客席に有名人がいるとカメラは見逃さないのだ。

けれど一昨年までずっと観ていたにもかかわらず
ポールは一回も映ったことがなかった。
観たミュージシャンでよく憶えてるのはクリフ・リチャードだけ。
そんな感じだったから昨年はついに諦めてしまった。

しかしワタシはここでポールの行動についての
ありがちなパターンを見落としてしまっていたのだった。
うぅぅ、ポール好きとしてかなり情けない見落とし(泣)

昨年あたりからポールは妻ヘザーと米国滞在中に
スタジアムで野球を観るという姿が目撃されていた。
ポールが野球を観ることなんて今までなかったので
きっとヘザーが観たいと言ったのだろう。

ポールはフェミニストなのか、わりと妻の言うことに従う。
リンダの時もそうだったと思う。
今はヘザーが始めた地雷禁止運動に進んで協力しているし。
(こんな凄い広告塔はいないぞぇ)

そんな事実から考えればポールがウィンブルドンに現れても
全く不思議はなかったのだ。
なのにワタシは昨年に限ってウィンブルドンを観なかった。

そして2004年英国ウィンブルドン。
ポールはヘザーと仲良く観戦していたそうである。
こんなにわかりやすいヒトも珍しい(苦笑)

というわけで昨年大失敗したワタシ。
今年はどうかな?


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ