2005/8/10

Detroit Rock City  KISS

最近やっとauの着うたフルにキッスの曲が入るようになった。
初めはRock And Roll All Niteで
次にDetroit Rock Cityが入った。
両方とも早速ダウンロードした。

Detroit Rock Cityはこれでついにキッス解散か?
というウワサのもと行われた「フェアウェル・ツアー」で
オープニングを飾った曲である。
結局は解散なんてしなかったのだけど。

このツアーに際してワタシはとても貴重な体験をした。
それは生まれて初めての”ライブひとり遠征”だ。
この体験がその後のワタシの人生を大きく変えたと言っても
過言ではないと思う。

それまでのワタシは40歳過ぎていたにもかかわらず
自立しているオトナという実感がなかった。
ひとりじゃどこへも行けなかった気がする。

このツアーが行われると聞いた時
できたらツアーのラストを観たいと思った。
しかしラストは一番忙しい年度末後半、当然躊躇した。
そんな気弱なワタシの後押しをしてくれたのは
メーリングリストで知り合った心優しいkissarmyたちだった。

何と大阪のMさんは家族総動員で何日も並んで取った
最高に良い席のチケットを快く譲ってくれた。
大好きなジーン側の席!
それは香川のK2さんの心遣いがあったからだ。
今でも感謝してもし切れないほど。

そんなMさんやK2さんに初めて会える日を楽しみに
大阪へ向かったワタシだったけれど
残念なことにK2さんは家庭の事情で急に来られなくなった。

ライブが始まる前、K2さんからケータイに電話があった。
K2さんのチケットの席でワタシに観て欲しいという電話。
それもまたジーン側のとても良い席だった。
話をしているうちに涙声になっていたK2さん。
彼女の無念さが痛いほどわかって、ワタシもまた泣いていた。

たかがライブじゃないかと思うかも知れないけれど
それほど彼女はキッスが、ジーンが観たかったのだ。
そんな彼女の気持ちを周りにいたkissarmyたちも
皆わかっていた。
だから皆、彼女の分まで一生懸命に観た。
たかがライブでもね。

大阪でひとつになれたkissarmyたちは今でも仲間。
普段は滅多に連絡を取り合うことがなくても
キッスが来日すると色んな地方からライブに集まってくる。
皆が必ず来れるわけじゃないけど、心はひとつだ。

こんなステキな体験ができたお陰で
ワタシのライブ人生(大げさ!)が始まってしまった。
今ではどこへでもひとりで出かけてしまう。
ただし外国だけは家族の許しが出ないけど。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ