2005/9/7

ポール新譜を語る  Paul McCartney

フジテレビの朝番組”めざましテレビ”で放送されていた
日本のファン向けインタビューを再録する。

ポールは左手にホワイトバンドをつけていた。
エライ〜!

**********

日本のみなさんこんにちはポール・マッカートニーです。
新しいアルバムはシンプルだけどディープに仕上がったよ。
お気に入りはまずFine Lineこれはロックっぽいね。
それからアコースティックギターの曲で僕の大好きなJenny Wren
素敵な曲で歌詞もいいしお気に入りにあげる人も多いね。
あとPromise To You Girlもいいな。
これはもっとアップテンポな曲だね。
好きな曲はたくさんあるけど今のところはこの3曲かな。

アルバムへの思い入れもひとしお・・・

このアルバムがいつもと違うのは
ほとんどの楽器を僕自身が演奏したことだね。
ピアノ ギター ベース
そしてフリューゲルホルンまで演奏したんだ。

ジョンとの思い出

ビートルズは大好きだよ。
ジョンとジョージのことはよく思い出すよ。
亡くなってしまったからね。
ジョンとは一緒に作曲したことを思い出すね。
ビートルズ結成以前の思い出もたくさんあるよ。
確かジョンのギターを借りたんだ。
僕のギターは左利き専用なんだけど
ジョンのギターは右利き用なので
左手で弾くには逆さまになっちゃうんだ。
(Twenty Flight Rockを弾いて歌いながら)
僕は弦の張り方が逆のまま演奏し続けたんだ。
それがイカしてると思われたから
僕はジョンのバンドに入ることができたんだ。

来年64歳を迎えるにあたって

違うよ!
僕は来年で44歳になるんだよ!
でも来年はこの曲をやらざるを得ないだろうね。
ライブでは演奏したことのない曲だけど
来年はこの曲をやることになりそうだね。
まあ 僕は44歳だけどね。

日本のファンにメッセージ

じきに日本に行ってみんなのために演奏したいんだけど
とりあえずみんながアメリカまで来るというのはどうかな?
それまではアルバムを聴いて楽しんでね。
僕からたくさんの愛を込めて・・・
(両手で拝むようなしぐさ。頭を下げながら)
コンニチハ!

**********

「アメリカ行くよ〜!」
テレビに向かって叫んでしまった。
そう、もう決めてしまったのだ、この秋の渡米。
ポールに呼ばれたからにはなおさらだ。
4年連続でポールに会いに行ける。
もう、夢のよう。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ