2006/1/28

伝説が生まれた  Tribute Band

映画「Let It Be」のシーンをできる限り再現するという
コンセプトで企画された Yesterday&Today のライブ。
期待と不安の入り混じった心境で観に行ったけれど
そんなものはすぐブッ飛んだ。

いつもの初期ライブの後に
予想どおり所謂ゲット・バック・セッションを1ステージ
次にルーフ・トップ・コンサートを1ステージ、という構成。

ステージではジョージ役シェイクさんの企み(失礼!)により
衣裳はもちろんカツラやヒゲにモミアゲまで周到に用意され
驚くほど究極の拘りぶり。
履いていた靴などもビートルたちに限りなく近いものだった。

ゲット・バック・セッションは”セッション”だから
完奏されない曲もあるし、完全に出来てない曲もある。
それも再現されていたのにはとてもビックリした。
超ワガママなことを言えばポール役ポッツさんの
The Back Seat Of My Car
あれは最後まで聴きたかったなぁ・・・
でもそうしちゃうとウソになっちゃうのでダメ(苦笑)
それにしても彼の目線はポールそのまんま。
今風に言えば「萌え〜!」って感じ(爆)

一方、ジョージの All Things Must Pass は完奏されて
う〜ん、やっぱり良い曲だなぁ・・・大好きだ。
後にコンサート・フォー・ジョージでポールによってこの曲が
歌われたことを考えると感慨深いものがある・・・。
この曲あたりからビリー・プレストン役ナンバットさんも登場
ステージはますますビートリーになって行く。

ルーフ・トップ・コンサートではジョン役レニーさんが
ジョンに激似ーーー!!
正直言うとあそこまで似るとは思っていなかったよ。
以前はカツラを拒否していたレニーさん。
しかし今回はモミアゲ付けて眉毛まで書いて頑張った。
気合を入れたレニーさんは外見だけでなく
歌も演奏もカッコ良かった。
ロックン・ローラーなジョンのスピリッツが伝わって来て
凄くドキドキした。

そしてワタシの憧れのギターであるオール・ローズのテレキャスター。
タンスみたいなレスリー・スピーカを通して聴こえてくる音の
素晴らしいことと言ったら!
それを淡々と弾くシェイクさんにはジョージが乗り移っている
みたいだった。

いつものようにステージの奥でひたむきにドラムを叩く
リンゴ役ラディックさんも個性的な3人をしっかりサポート。
一生懸命に頑張っていた。

映画のシーンの再現にはバンドのメンバー以外の出演者も必須。
いつもは観客である人たちが協力してちゃんとその役を演じた。
出てきたのはマル・エバンス、オノ・ヨーコ、そして警官がふたり。
その人たちもカツラを着用して、映画のような服装をしていた。
警官たちはロンドンのおまわりさんと同じ帽子を被り
手には警棒に見立てたドラム・スティック?も持っていた。

このライブにはびっしりとセリフが書かれた台本が存在し
それを作成したのはシェイクさんだった。
その台本にはセット・リストやセリフの他に
ライブに必要な楽器や衣裳や小道具のことや
ステージでのメンバーの立ち位置のことまで詳細に書かれていて
改めてシェイクさんのこのライブに対する思い入れの強さを感じた。

準備から約1か月。
とっても大変だったからもう再演はないよ、という声もあるけれど
これだけ努力して作り上げたのだから
いつかまた観せて欲しいと思う。
観てるワタシたちにとっては今まで体験したことがないくらい
楽しくて面白いライブだったから。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ