2006/2/9

48th annual GRAMMY AWARDS  Paul McCartney

米国カリフォルニア州ロサンゼルス
ステイプルズ・センターは2月8日の夕方。
現地のお天気は快晴。

第48回グラミー賞授賞式での
ポール・マッカートニーのパフォーマンス
予定時間は日本時間11時11分からとのこと。

オープニング
ゴリラズとマドンナのパフォーマンスの後
プレゼンターとしてアリシア・キーズと
スティービー・ワンダーが登場。

マーティン・ルーサー・キング牧師の妻で
先ごろ亡くなった
社会運動家のコレッタ・スコット・キングさんを偲んで
スティービーがアカペラとハモニカでちょっとだけ歌う中
カメラが観客席にターン・・・

あっ!スーツ姿のポールがわりと大きく映った!
きゃ〜!
やっぱりスティービーとポールは繋がってるね!
ポールはステージのスティービーをじっと見つめていたよ。
隣にはウィックスが座っている。

コールド・プレイのパフォーマンスも良かったけど
その後U2のボノが Vertigo の最後で
「She Loves You, Yah!Yah!Yah!」と歌っていた。

そしてそしてついに
ほぼ時間通りポールとバンド・メンバーが出てきた!

ポールはステージの真ん中で
マジック・ピアノ型のピアノを弾きながら Fine Line を歌った。
モノグラム風の電飾が光る。
ヘンリー・ネックっぽいブラウス(と言うのかな)に
シンプルなスーツ姿。
こういう姿、待ってたんだよ〜〜〜!
スマートでカッコ良い〜〜〜!

Fine Line を歌い終わりポールがひとこと
「グラミーで歌うのは初めてです。
 これでやっとオーディションに受かったかな。
 今度はロックしてみたいと思います」
(確かこんな風に言ってたと思う)

ポールが次に歌ったのは Helter Skelter
いや〜ん、細身スーツ姿のポールが
ヘフナーを抱えてロックしてるよ〜〜〜!
会場内からは凄い歓声。
スクリーンにはジェット・コースターの映像。

クリックすると元のサイズで表示します

ポールは声も良く出ていて
アピール度高かったぞ。
これでかなり受賞条件が良くなったんじゃないか?

と思った途端
Best Pop Vocal Album は取れず・・・残念。
アルバム Breakaway で若いケリー・クラークソンに持っていかれた。
Best Male Pop Vocal Performance はスティービーが取っちゃった。
Producer Of The Year も逃したみたい。

だけど素晴らしいパフォーマンスだったよ、ポール。
ワタシはさっきの Helter Skelter で
ブッ飛んでしまって全身のチカラが抜けちゃったよ・・・。

グラミーのステージでは
今も色んなアーティストによる
パフォーマンスが繰り広げられているのに
さっきのポールを観てしまったワタシには
全て色褪せて見えてしまうよ。
ポール、あなたがいちばんステキだ!

と、と、と、何と!
ポールがラップの Yesterday に飛び入り!!!
だからわざとラッパー(名前がわからん)は
ジョン・レノンのTシャツを着ていたんだ!
はずしたように見せて実ははずしてないニクイ演出。
ポールは上着を脱いで出てきて
ハンド・マイクで歌っていたよ。
ポールは今でもホワイト・バンドを身に着けている。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに頑張ってパフォーマンスしていたポールだけど
Album Of The Year はU2だった。
ポールは自席のすぐ後ろにいたボノの肩を叩きながら
受賞のお祝いを言っていた。
ボノは受賞のステージでポールに敬意を表す発言をしていた。

結局ポールはひとつも受賞できなかったけど
彼のライブ・パフォーマンスは観客に大きな感動を与えた。

ラップの Yesterday への飛び入りは
観客には全く知らせていなかったようで
かなりのビッグ・ハプニングだったらしい。
ポールと共演したのはジェイ・Z feat.リンキン・パーク。
ジョンのTシャツを着ているのがラッパーのジェイ・Z
Yesterday にコーラスを付けていたのが
リンキン・パークのチェスター・ベニントン。
やっと名前がわかったよ(苦笑)

ポールはグラミーでのパフォーマンスを楽しんでいた。
そんなポールを観ているワタシらも楽しかった。
ポール、ありがとう、お疲れさま!


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ