2006/2/15

When I'm Sixty-Four  Paul McCartney

昨日はバレンタイン・ディ。
特に何てことのない一日だったけど
バレンタイン・ディにはやっぱりこの曲
When I'm Sixty-Four
「64歳になってもバレンタインに贈り物をくれるかい?」
ってポールが可愛く歌う。

いえいえ
ポールからはたくさんのシアワセをもらいっぱなし。
ワタシからポールには何もあげてないのに。
だからバレンタイン・ディにはこの曲を聴いて
心からポールにありがとう〜。

ポール64歳の今年
本当はこの曲を日本に来て歌って欲しかったけど
ちょっと難しいみたい。
仕方ないけど、さびしいなぁ。
(こればっかり)

そう言えば
グラミーをもらえなかったポールが
その後とってもご機嫌悪かったという海外からのニュース。
そりゃあガッカリしたのは本当かも知れないけど
ポールはそんなふうに自分の機嫌の悪い姿を
人前で見せることはしないはず。
ポールは誰にでも優しい人だもの、何か勘違いされたに違いない。
あぁ、かわいそうなポール・・・。

そんな話に悲しくなりながら
”Chaos And Creation in The Backyard”
静かな夜にヘッドホンで聴くと
なおさら耳元で囁くように聴こえるポールの声。
やっぱり良いよ、大好きだよこのアルバム。
最後の This Never Happened Before と Anyway を続けて聴いたら
思わず涙が出たよ・・・。

この地球のどこかにいるポール・マッカートニーに向かって
大声で叫びたい。
「あなたが好きで好きでたまりません!」って。

あぁ、何故か妙にセンチメンタルな今夜・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ