2006/2/19

陶酔するポール  Paul McCartney

狭い我が家の廊下にデカデカと貼ってあるのは
90年1月、英国ウェンブレー・アリーナでの
ポールのライブを告知したポスター。
2枚構成になっていてタテは1.5mヨコが2.0mある。

随分前に某ファン・クラブのイベントで見つけ
即買いした1点物。
陶酔したようにレス・ポールを弾くポール。
一瞬の表情だったのだろうけど
こういうポールってレアじゃない?

89年ポールがワールド・ツアーを始めた頃
来日チケットを求めて渋谷のプレイガイドに並んだ。
友人Wさんが一緒に並んでいたのだけれど
たまたま同じ店に並んでいたWさんの友人が来てこう言った。
「一緒にウェンブレーに行きましょう!」
ポールの来日は3月、その前の1月に渡英するとのことだった。
彼は声をかけてすぐ去って行ったけれど
ワタシには夢のような話に思えた。
海外でポールを観るなんて!

あれから十数年。
ポールを追いかけて海外に行く人たちも珍しくなくなった。
あの時ウェンブレーの話を聞きながら
目をまん丸にしていたワタシも
その後あちこちにポールを追いかけて行くようになった。
30歳になっても海外旅行をしたことのないワタシだったのに。

このポスターを見ると
いつもその時のことを思い出す。
ワタシの人生、ポールに変えられちゃったかも(苦笑)


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ