2006/3/2

Pinball Wizard  Rock

東京厚生年金会館大ホールにてザ・フーによって作られた
ロック・ミュージカル Tommy を観た。

初日のホールには音楽関係者やプレス関係者がたくさんいた。
ワタシの4列前には某ビートル系ファン・クラブ会長の
SさんとカメラマンのHさん、ミュージシャンのOさんもいた。

開演前同じ勤務先のUさんとバッタリ遭遇。
お互い同じフロアで仕事をしているにもかかわらず
普段は顔を合わせる機会がほとんどなかった。
まさかこんなところで会ってしまうとは・・・ビックリだった。
そう言えば彼とは数年前同じ職場にいた頃
カラオケで洋楽を歌いまくった記憶がある。
この日は「Tommy 大好きなんです」と嬉しそうに話していたなぁ。

さてこのワタシ、ザ・フーはまるで初心者。
(そんなのばかりで申し訳けない)
聴いたことのあるアルバムは Who's Next だけ。
そんなヤツがこの Tommy を観に行ったわけで・・・
昔からのファンの方ごめんなさい。
でもロック史に残るアルバム Tommy を舞台で知りたくて
何も予習せずに行ったのだった。

ストーリーは耳が聴こえず、口がきけず、目も見えない
三重苦の少年の栄光と挫折を描いているためか
暗黒の部分と希望の部分が交じり合う。
観ていて深く考えさせられる内容である。
だから上演中に笑いの出るシーンはほとんどない。
だが観終わるととても清々しい気分になった。
主人公の少年 Tommy がたくましく生き抜いて行ける未来が
想像できるラスト・シーンだったから。

クリックすると元のサイズで表示します

Tommy の孤独で辛い子供時代を描くシーンで歌われる
”See Me, Feel Me”は美しく心に残る曲で とても癒された。
また”Pinball Wizard”や”Lisning to You”は
ギターのカッティングがカッコ良くてノリのいい曲。
こんな曲たちを書いてしまうピート・タウンゼントという人は
今さらだけど凄い人なんだなぁと感心してしまった。

ところで
買って来たパンフの中にビートルズが。
何だかんだで結局ここに繋がるのだよね(笑)


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ