2006/10/5

Lennon親子それぞれの新譜  John Lennon

ジョンとその息子ショーン。
この秋、彼らの新しいCDが店頭に並んでいる。
先日訪れたCDショップでは
大々的にPRされたショーンのCDのとなりに
父親であるジョンのCDがちょこんと置かれていた。

ショーン(ウチの猫じゃないよん)の新譜は8年ぶり。
実はこのワタシ、前作「Into The Sun」を全く聴いていない。
またまたダメファンであることがバレたなぁ。
この機会に買わなくてはねぇ。

さて、今回のアルバム・タイトルは「Friendly Fire」
ネットCDショップで購入者の感想を読んでみると
かなり高評価なので期待できそうだ。

また、DVDも付いており
ハリウッド・スターが参加したPVが収録されている。
その中にはキャリー・フィッシャーの名前が。
(スター・ウォーズでレイア姫を演じていた人)
彼女の元夫はポール・サイモン。
そしてこのCDには彼の息子ハーパー・サイモンが参加している。

その他には
ジム・ケルトナーがドラムを叩いているとか
(Joe Coolさんからの情報〜Thanks!)
マーク・ボランの曲をカバーしてるとか
ビートルズ好きは結構くすぐられてしまいそうな要素もある。

クリックすると元のサイズで表示します

一方、ジョンのアルバムは同名映画のサントラで
「THE U.S.vs. JOHN LENNON」
未発表音源として
”Attica State(Live)”
”How Do You Sleep?(Instrumental Score)”
の2曲が収められている。

映画は、平和・反戦活動家としてのジョンを追ったもので
米国政権批判が込められている。
映画製作のきっかけは9・11テロとイラク戦争とのこと。
今年のベネチア映画祭では
コンペティションではないオリゾンティ部門で上映され
話題になったという。
日本では来年公開される予定。

ワタシ自身は
ジョンはただのロックン・ローラーだと思っている。
愛と平和でだけしか語られないなら
それはジョンのことじゃない。
ジョンがロックを叫びながら気付いた
平和の大切さや戦争の極悪さ。
この事実に対して再びロックで語りながら
自ら活動を起こしたこと
それはまたジョンの一面でもあった、と理解している。

けれども平和憲法が
そうでないようなものに変えられてしまいそうな
危機的状況となっている現在の日本で
この映画が公開されることは非常に意味があると思う。
ジョンが歌った
”Imagine All The People Living Life In Peace”
この一節の意味を
改めてかみしめなくてはならない時期が来ているのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ