2007/7/19

Boosa a.m.  Music

MAFのアナログ盤を探しに行った渋谷。
いつものようにお気に入りのカフェbenugoでお茶していると
どこかで聴いたような曲が流れて来た。

女性ボーカルなのだけど
よく聴いてみるとオアシスの”Don't Look Back in Anger”だ。
そうかぁ、カバーなのね。
ロックではないが
柔らかく包み込むようなボーカルとアレンジの良さが
不思議に心地良い。

次に聴こえて来たのは
な〜んとウイングスの”Silly Love Songs”
これも女性ボーカルだ。

「ポールの曲のカバーにはかなりウルサイんだからねっ」
などと勝手に思いつつ、耳をそば立てる。
するとこれがまた意外に良いのだ。
リンダのコーラスを彷彿とさせる響き。

それから2、3曲してダイアナ・ロス&スプリームスの
”You Can't Hurry Love(恋はあせらず)”が。
これはほぼオリジナルに近い感じだ。

いったい誰が歌っているのだろう?
・・・と調べてみたら日本のアーティスト
「Bossa a.m.(ボッサ・エイ・エム)」だという。
んんん〜よく知らないなあ。

オフィシャル・サイトによれば
「Bossa a.m.」は
このアルバム制作の為に集ったアレンジャー/プレイヤー/シンガーたちの総称。
拘束力無し・出入自由の集団。
BOSSAはBOSSA NOVAのボッサ。
a.m.は「and more(アンド・モア)」の略。
ボッサを中心としつつもサンバやレゲエなど
幅広いアレンジ・演奏で今後もリリースを継続していく予定
とのこと。

今回ワタシが聴いていたのは彼らのファースト・アルバム
「GREETINGS」
7月18日に発売されたばかりのアルバムで
全ての曲がボサノヴァ風にアレンジされている。

ボサノヴァって普段は全く聴かないのだが
「GREETINGS」は3曲聴いただけで
もしかしてとても良いんじゃないかと思った。

ボサノヴァと言えば、その昔
小野リサさんがジョンの曲(”Love”だったか・・・)を
アレンジして歌っていたことがあったが
あれもとっても良かったなあ。

「Bossa a.m.」のサイトにも書かれていたが
カフェ気分を満喫するには最高のアルバムだ。
その他のカバーには
クイーン、デュラン・デュラン、U2などの曲もある。
この夏の超オススメだよ。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ