2007/11/26

大和邦久さん  Rock

ビートル系友人に誘われ
大塚ウェルカムバックまでライブを観に行った。

その昔
このライブハウスでアマチュア大会1バンドだけ観て
その足で新幹線に飛び乗り1時間立ったまま静岡に着き
某ビートル系トリビュートバンドのライブ観て
すぐまた帰京したことがあったっけ(爆)

今はもうそんな元気はないワタシだけど
この日に初めてライブを拝見した大和邦久さん
加齢臭バンド(苦笑)などというバンド名で
パフォーマンスしてるにもかかわらず
とてもパワフルなステージでビックリ。

誘ってくれたビートル系友人が大学生の頃(90年代)
「Becauz」という、かな〜りビートリーなバンドの
ギター&ボーカルとして活躍されていたという大和さん。
前もってその「Becauz」のCDも聴かせてもらったが
ビートルズ好きなら反応しまくりのフレーズがちりばめられ
モロにウィングスな曲もあってワクワク。
何しろタイトルが”Silly Girl”だもんねぇ〜ウフフ。

この日の大和さんはオリジナル曲の他に
洋楽ロックや歌謡曲まで幅広く歌ってくれて
思ってた以上に楽しいライブだった。

そして感激したのは大和さんのボーカル。
声量はあるし、高音もバッチリだし、ホントに歌がお上手。
シロウトのワタシがこんなふうに書くと失礼に当たるかもだけど
さすがプロフェッショナル!
その場の雰囲気で歌ってくれたクリスタルキングの”大都会”
あの高音も簡単に出るのだから、すごい。

オリジナル曲ももちろん良かったけど
ワタシ的にはボストンの”More Than A Feeling(宇宙の彼方へ)”
このボーカルがたまらなく良かったなぁ・・・。
それからバンドの皆さんやコーラスの女性おふたりも
(プロだから当たり前なんだけど)とっても素晴らしかった。

大和さんの気ままなMCも面白かったし
「今度はウィングス演ってくださいんね〜」なんて
初めて観に行ったクセに図々しいこと言っちゃったので
(スミマセン!)
次回のライブも行かなきゃね。

というわけでBecauz時代の大和さん。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ