2008/3/5

The Joker  Rock

よく行く近所の中華料理店は
入り口が前面ガラス張りというちょっと変わったお店。
けれど内装はカフェ風で意外にオシャレ。
それでいて料理はリーズナブルで美味しいから
週末あたりは若者や家族連れで賑わっている。

そのお店のマスターは音楽好きらしく
いつもジャンルに囚われない曲がかかっている。
ロックありレゲエありハウスあり。
その日の選曲も楽しみのひとつ。

先日いつものようにマスターの好きなCDがかかっていたが
その中の一曲はワタシが若い頃に大好きな曲だったのだ。
しかし原曲ではなく、誰かがカバーしているようだった。

帰り際にその曲がどうしても気になってマスターに尋ねてみた。
「今日かかってたCDは誰のですか?」
「ファットボーイ・スリムとケミカル・ブラザースですよ」
「あの〜”The Joker”をやってたと思うんですけど?」
「俺、聴いて良いなと思うと曲名見ないで買っちゃうから(笑)」
このマスター、なかなか面白い。

というわけで
ワタシのお気に入りの曲「The Joker」
どうやらファット・ボーイ・スリムのパフォーマンスらしい。
後で調べてみると彼はDJなんだね。
名前だけは知っていたが。

「The Joker」は
スティーブ・ミラー・バンドが1973年に全米でヒットさせたナンバー。
中学生の頃ハマっていたラジオ番組「全米トップ40」で
この曲の存在を知った。

とにかくこの曲には魅かれた。
今でも歌詞は全然わからないんだけど(苦笑)
スティーブ・ミラーの泥臭くブルージーなボーカル。
怪しげな感じをかもし出すギターやベースの音。
特にサビの部分は一度聴いたら忘れられないフレーズで
かなり好きだった。
「The Joker」と同タイトルのアルバムは
今でも名盤と言われているようだ。

中学生の頃はスティーブ・ミラーが
ポール・マッカートニーの知り合いだなんて知らなかった。
だからポールがアルバム「Flaming Pie」で
”Used To Be Bad”をスティーブと共作・共演した時には驚いた。
あ、あの「The Joker」の人じゃないか〜!と。
ポールが1969年すでにスティーブ・ミラー・バンドのアルバム
「Brave New World」に参加していたと知ったのは
そのずっと後だった。

「Flaming Pie」を発表した頃ポールは
自分のラジオ番組「Oobu Joobu」で自らDJを務めた。
そこでスティーブ・ミラーを紹介した時に流したのが
この「The Joker」だったのだ。
あの時はとても嬉しかったなあ。

というわけで
スティーブ・ミラー・バンド「The Joker」はここで観れる。
若かりし頃のスティーブ、ちょっと垢抜けないけどね。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ