2008/4/3

いつもそばに  Paul McCartney

年度末から年度始め、ほとんど毎日残業の日々。
長いトンネルに入ったまま、いつ出られるのかわからない。
数日前に仕事のことで戯言を書きなぐってしまったが
自分の能力不足も否めないから仕方ないとこもあるんだよなぁ・・・。

それでもプライベートな時間はシッカリと気持ちを切り替える。
若い頃はそれが上手くできなくてイライラしたり
泣きそうになったりしたけど(実際に泣いてたこともあったよ)
50も近くなるとなんとかバランスも取れるようになってきた。
これも年の功ってヤツか(苦笑)

残業して帰宅するとあまり時間もないので
すぐCDプレイヤーにディスクを入れる。

ポールの「Off The Ground」
このアルバムを聴くと必ず93年の3月
オーストラリアで観たライブを思い出す。
あの時もポールは弾けてた。
その弾けてたポールをワタシは
ずっとずっと見つめ続けていたっけ。

そして今、思う。
「ワタシはいつもポールとともに生きている」と。

とても勝手な思い込みだけど
ポールがいてくれるから毎日頑張れる。
宗教を信じる人たちが日々、神とともにあるように。

今年6月のリバプール
またポールと再会できますように!


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ