2008/7/11

Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull  

19年ぶりのインディ。
理屈抜きで面白かった!

(以下、ネタバレあり・・・ご注意)







オープニングは1957年の米国ネバダ州。
エルビス・プレスリーの”Hound Dog”が大音響で流される。
米軍らしき人たちの車一行が砂漠の中を走行中
髪の毛に大きなリボンを付け
パラシュートみたいなスカートをはいた女の子たちが
米軍らしき彼らにレースをけしかける。

ここで思わず、フフフ。

ジョージ・ルーカスが制作総指揮をしているためか
それとも時代設定ゆえか
あの「アメリカン・グラフィティ」を彷彿とさせる。
この後にもオールディーズが2曲くらい出てきたかな。

一方、50年代のネバダというと
おぞましき地下核実験場があったところ。
当然に核実験シーンもあるわけで
(もちろんインディは生還するのだが・・・)
このあたりは監督であるスティーブン・スピルバーグの
反戦への思いを反映した部分なのかも知れない。

19年経過してかなりじいさんになってしまった
ハリソン・フォードだけれどハードなアクションはまだ健在。
顔だけ見ると歳を感じるが、動きは歳を感じさせない。
それなりに年齢を重ねたインディを
かっこ良く演じていてホッとしたし、楽しかった。

笑っちゃったのはインディの息子マット。
初めて出てきたシーンではまるで昔の
マーロン・ブランドが演じた暴走族そのままの姿。
こんな感じ。
(これはマーロンです)

クリックすると元のサイズで表示します
「The Wild One」(1953年作品 邦題:乱暴者)

話は飛んで・・・
ラストではUFOみたいなのが飛び去る。
まるでスピルバーグの「未知との遭遇」だがや〜。
そこから最後まで”宇宙人”というセリフは言わないが
もう、そのものだ。

スピルバーグとルーカスは
今まで自分たちが撮った作品へのオマージュのように
そして大いに楽しみながら
この映画を作ったのかもしれない。

ところで
”ハリソン・フォード”で検索したらこんな写真が(爆)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/10

WINGS U.K. TOUR 1975  Paul McCartney

7月6日にお会いしたビートル系友人のUさんからいただいた
ウイングスのポスト・カード。
1975年英国ツアーの時のものらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

とても保存状態が良く
30年以上経過しているにもかかわらず全く遜色がない。
メンバー全員写っているのとリンダのと。

クリックすると元のサイズで表示します

ポスト・カードにはロンドンの出版(印刷)会社の名前らしいものが。

クリックすると元のサイズで表示します

70年代当時は
「どうしてポールはいつもいつもリンダと一緒なんだろ?」
「ポールはどうしてそんなにリンダが好きなの?」
なんて思っていたなあ。
子どもゴコロに
「あんなに素敵なポールには、すんごい美人の妻がいて当たり前」
と思っていたからねぇ。
リンダ、ごめんなさ〜い!

「ポールにはリンダという女性がとても必要だったんだ」
そう思えたのはずっと後になってからのこと。
わかってないねぇ、ワタシ。

ポールにはまた危なっかしいガール・フレンドがいるみたい。
大丈夫かな・・・ポールがもう辛い目に遭いませんように。
リンダ、ポールを守ってね。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/7

Ringo's Birthday Wish  Ringo Starr

今日はリンゴのお誕生日だった。
68歳、おめでとう!

昼休みにリンゴの望みどおり
「Peace&Love!」
と叫ぶつもりだったのに
仕事でバタバタしてて見事に忘れた・・・
リンゴ、ごめん(泣)

そんな情けないワタシだったのに
昨日は連れ合いにシツコク頼んでいた。
「明日のお昼にPeace&Love!って必ず言ってね」と。

帰宅して連れ合いにこそっと尋ねてみたら
彼は昼休みに両手でピース・サインをしながら
(恥ずかしいので)とても小さい声で
「Peace&Love!」
と言ったそうだ。

職場ではアブナイ奴だと思われたかも知れないが
忘れずリンゴにお祝いした連れ合いはエラかった〜。
きっとリンゴも喜んでくれているだろう。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/6

ぽうる  Paul McCartney

ビートル系友人Nさんのお宅で
UさんとSさんにお会いする機会があった。

彼女たちは学生時代からの友人同士で
お互いにビートルズ・ファンという関係。
先日はUさんがSさんを誘って
リバプール&ロンドンのツアーに参加
そこでNさんやワタシと意気投合してくれた。

彼女たちはほぼワタシと同年代。
でも違うのは
学生時代にはワタシなどよりず〜っと濃い〜い
ビートルズ・ファンであったこと。

ふたりでビートルズ映画を観に行った時
こっそり録音していたことがあるとか
(今はもう時効なので許されるだろう)
日本のウイングス・オフィシャル・ファンクラブに
入会していたとかいうお話を聞いて
すっかり感心してしまったのだった。

今日はそのおひとり、Uさんから
今まで大切に保存されていた貴重な小冊子と
ポスト・カードをいただいた。
(ポスト・カードは後日ご紹介する)

クリックすると元のサイズで表示します

「ぽうる NO.8」と書かれた小冊子の発行元は
Japan Official Paul McCartney&Wings Fan Club
となっていて、発行年月は1976年8月。
今から30年以上も前のものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

主な内容は目次にあるとおりだが特筆すべきは
5月3日から6月22日まで行われたウイングスのアメリカ・ツアー
つまり”Wings Over America”について。
それも5月26日のマジソン・スクエア・ガーデンでのライブ・レポ。
ファン・クラブ会長である日本人女性E.Mさんの観たライブの様子が
4ページに渡って書かれている。

すべてここに紹介できないのが残念なくらい臨場感あるレポの他に
やはりE.Mさんによるライブ関連やメンバーについての小ネタなど
興味深い文章を読むことができる。

当時、アメリカでのウイングス人気はすさまじいもので
(それはもちろんわかってはいたけれど)
まだ陽の高いうちからライブ会場に集まって来たファンは
「誰もが常識のようにウイングスのTシャツを着ていた」
そうである。

あぁぁぁぁ!もしもタイム・マシーンがあったなら
今すぐそこに飛んで行きたい気分だなあ!

あと、時代だなぁ〜と思ったのは
ライブ会場内でマリファナを吸うのが当たり前だったこと。
あ、E.Mさんは勧められたが断ったと書いていた。

最後にちょっとびっくりしたのは
このファン・クラブの私書箱が
現在ワタシの居住しているK市N区になっていたこと。
1976年にはワタシはまだ高校生だったから
K市には住んでいなかったけれど。

ところでファン・クラブ会長のE.Mさん
彼女は今どこで何をされているのだろうか?
今でもポールのファンでいてくださっていると良いな。

このファン・クラブの存在をご存知の方
また、会員だった方で
もしこの駄ブログを読まれている方がいらしたら
何かコメントいただけると嬉しいです。
0

2008/7/3

レス・ポールの伝説  Rock

1か月に最低一回は映画館で映画を観る!
という目標(笑)を掲げて半年経った。

とりあえず6作品以上は観たので
最低限の回数はクリアしているものの
今年は昨年より映画館で観たかった作品が目白押し。
それなのに見逃した映画が何本もあって(泣)
と〜っても残念だった。

時間を作るのってホントに難しい・・・。

しかしこの映画はどうしても観たい。
「レス・ポールの伝説」
現在、エレキ・ギターの代名詞となっているギブソン・レス・ポール。
そのギターの生みの親であるレス・ポールのドキュメンタリーだ。

レス・ポールってどんな人なのか?
この記事を書くに当たってネットでいろいろ調べてみたら
なんだかすごい人のようだ。
(ワタシがモノを知らなさ過ぎるだけだと思うけど)
90歳を過ぎてもなお現役のミュージシャンとして
ライブ活動をしているようだし
グラミー賞を5回も受賞しているうえ
大変な発明家でもあるそうだ。

それからこの映画に出て来るミュージシャンの中に
ポール・マッカートニーと
キース・リチャーズがいるのである。
というわけで
これを見逃したら即アウト!なのだ〜。
とにかく必見の映画には違いない。

公開は8月23日(土)から渋谷アップリンクXにて。
映画「レス・ポールの伝説」オフィシャル・サイトもチェックするべし。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/1

ロクシタンカフェ  

2002年来日時にポール・マッカートニーが宿泊した
「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」
そこでバスアメニティとして客室に備えられていたのが
フランスのメーカーである「ロクシタン」の
”ヴァーベナ”というシリーズ。

それ以来
一部のポール・ファン(特に女子・・・笑)の間では
ロクシタンの”ヴァーベナ”が「ポールな香り」となり
今に至っている。

ロクシタンは動物性原料(ハチミツ系を除く)を使用せず
動物実験も行っていないので
当然ポールも椿山荘で使っていたはず・・・と
勝手に決め込んでいるわけ。

自然な香りが心地良いためか
この数年ロクシタンは女性に大人気で
流行にはあまり乗らないワタシでも
「ポールな香り」などを求めてたまにお店に行く。

この夏使っているのはヴァーベナの
リフレッシングタオレッツ(ハンド&ボディふきとり用化粧水)と
ボディアイスジェル(全身用ローション)
どちらもひんやり感と爽やかな香りが気持ち良い。
ただ、もう少し安価だともっと良いのだけれどねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は5月にオープンした
渋谷のロクシタンカフェに寄ってみた。
ハチ公前スクランブル交差点にあるため
いつもは並ばないと入れないようだが
開店時間とほぼ同時に入店したのでまだガラガラ。
交差点を真下に眺められる3階席で優雅に過ごした・・・
といっても30分くらいだけど(爆)

クリックすると元のサイズで表示します

ポットサービスの紅茶を注文したら
砂糖の他にハチミツが付いてきた。
左はシトラス、右は・・・忘れた(汗)
シトラスはサラリとした甘みで美味しかった。
お茶を飲んでいると途中でクッキーのサービスもあって
居心地の良いカフェだった。
次回はお料理もいただいてみたいと思う。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ