2009/3/9

A Long Way Gone: Memoirs Of A Boy Soldier  Paul McCartney

ポールがデビッド・ボウイと発案したチャリティ・カバー・アルバム
「WAR CHILD HEROES」
ロック界の超大物レジェンドたちが
自身の歌う最も好きな楽曲を選び
次世代の音楽レジェンドたちを指名して
彼らに新しい形で歌ってもらうというもの。
このアルバムは社会においての本物の”ヒーロー”
つまり”戦争の犠牲となっている子供たち”の救済に役立てられる。

クリックすると元のサイズで表示します

輸入盤はすでに発売されているので
もう手にされた方もいると思うが
もしもまだ購入されていない方がいたら
日本盤は5月に発売予定とのことなので
あの悪名高い定額給付金の一部を利用し
購入されたらいかがだろうか?(大きなお世話か・・・苦笑)

ところで
ポールがこのアルバム発売にあたり発表した声明の中に
彼が今、読んでいるという本のことが出てくる。

ポールが読んでいる本のタイトルは
「A Long Way Gone: Memoirs Of A Boy Soldier」
普通の12歳の少年が15歳まで激しい内戦を兵士として闘わされ
ユニセフに救われて立ち直るまでの衝撃の体験を
生々しく綴った物語だそうだ。

この本は日本語版が河出書房新社から出版されている。
「戦場から生きのびて−ぼくは少年兵士だった」

ポールが読んでいるとなれば
ワタシも読まねばならないなぁ・・・だけどかなり辛い。
アフリカの子どもたちの悲惨な現実は
以前にも本で読んだことがあるが
読んだ後、ものすごく落ち込んでしまったのだ。

しかし、そこは頑張らないと。
いつまでもポールについて行くぞと決めているからね。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ