2009/8/31

It's no use crying over spilt milk  Rock

オアシスからノエル兄ちゃんが脱退することは
彼らのオフィシャル・サイトで正式発表されていた。
あぁ、今度こそ元に戻りそうもない。

ノエル兄ちゃんはリアム弟にギターを叩き壊され
とうとう堪忍袋の緒が切れてしまったらしい。

過去に何回か殴り合いのすごい兄弟ケンカはあったのだが
だいたいは後で関係が修復されていた。
ノエル兄ちゃんが一歩引いていたんだと思う。

でも今回はついに・・・という感じだ。
もしもギターを壊されたというのが本当なら。

2005年11月以来
会場の関係で
(遠くて広過ぎたり、体力が持たない野外フェスだったり)
なかなか観られる機会がなかったオアシス。
でもいつか観に行きたいとずっと思っていたが
ノエル兄ちゃんが抜けちゃったら
ワタシは多分もう行かないと思う・・・さびしいなぁ。

2005年11月の代々木には2回観に行った。
ザック・スターキーが
ドラムでサポートしていたのも嬉しくて。
開演前と開演後にはそれぞれビートルズが流されていた。

1回目はアリーナ最後列(苦笑)
後ろに誰もいなかったので
椅子の上に思い切り立って観ていた。
ステージからは遠かったけれど
全体が見渡せてとてもキモチ良かった。

2回目はスタンドで。
これも近くはなかったが
双眼鏡でマジマジと眺めながら楽しんだ。

会場内にワタシのようなオバサンはほとんど存在せず
男子トイレにのみ列ができているという
あまり体験したことのないライブで新鮮だったな。

願わくは
ノエル兄ちゃんに帰って来て欲しいけれど
難しいかな・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/8/29

Noel Gallagher 'quitting Oasis'  Rock

BBC NEWS に載ってるんだから今度はマジだ。
ショックだなぁ(泣)
ノエル兄ちゃんがいないオアシスじゃ、つまんない。
”Don't Look Back In Anger”は誰が歌うんだよー。


クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/8/29

uno FOG BAR のCM  The Beatles

クリックすると元のサイズで表示します

昨日からテレビで流れている
資生堂uno FOG BAR のコマーシャルは
ビートルズの映画「A Hard Day's Night」を
かなり意識して作られたものじゃないだろうか?

わざわざロンドンでロケをしたそうだし
(ロンドン・アイに乗ってる!)
細身のスーツに身を包んだ4人の若者の
パフォーマンスを見ていると
映画「A Hard Day's Night」を知る人なら
思わずニヤリとしてしまうだろう。

ちなみにこのワタシ
4人の若者のうち、妻夫木くんと小栗くんはわかる。
瑛太くんは最近やっとわかってきた。
三浦くんは名前だけしか知らない(爆)

uno FOG BAR のオフィシャル・サイトでは
放映中のCMを公開している。
女王陛下?に扮した、あの
「婿殿っ!」で有名な女優さんも出ているので(笑)
どうぞご覧あれ。


13

2009/8/26

もうすぐ 09・09・09  The Beatles

今日は午後から休暇。
来月の一大イベントに向けて
盛り上がりつつあるであろう
渋谷のCDショップを周ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

タワレコでもHMVでも
フリーペーパーの表紙や記事にビートルズ。
思わず、何冊も持って帰りたい衝動にかられる(苦笑)

タワレコ1階にはビートルズ・コーナーがあり
その充実ぶりはなかなかのものだった。
関連アーティストのCD
影響を受けた、また、与えたアーティストのCD
トリビュート盤CDなどがたくさん集められており
試聴ができるものもあったので
お金をかけずに楽しい時間が過ごせた(笑)

かつてアンソロジー・プロジェクトの時
今回同様CDが世界同時発売だった。
最初のCDが出た日から2日間くらいを
「アンソロジー休暇」と勝手に命名し
仕事を休みひとりでお祭り騒ぎしたっけ。

もちろん「09・09・09休暇」は予定済み。
連れ合いと一日中ビートルズに浸るつもりにしている。
うひゃひゃ〜考えただけでムフフ笑いしてしまうよ〜。
嬉しい、嬉しい、嬉しいなぁ♪
0

2009/8/18

Dance 'Til We're High  Paul McCartney

クリックすると元のサイズで表示します

今週の日曜日
十年来のビートル系友人たちと久々にランチした後の出来事。
その中のひとり♂がこの秋に結婚することになり
婚約者♀さんを初めて皆に紹介してくれた。

彼女はフラットな方で(失礼!)
特に思い入れのあるモノや趣味はないとのお話。
結婚するに当たってビートル系友人♂は
自分の趣味やそれ関連の友人たちの様子について
彼女にキチンと説明したらしい。
それは賢明だなー。

夫婦で全く別々の趣味を持つことに
問題があるわけではないけれど
お互いの趣味を認め合えないと
一緒に生活していくのがいつか難しくなってくる。
「私とビートルズのどっちが好きなのっ?」
なんてことになったら悲しい。

幸いなことに我が家は
夫婦ふたりともビートルズ好き、猫好きだったので
多少趣味の違いはあるにしろ
今でも一緒に暮らしていけているようである。
それとももしかして
連れ合いが忍耐強いだけかも知れないが(苦笑)

これから素晴らしい未来が待っているであろう
若いふたりを見ていたら
ポールの”Dance 'Till We're High”を思い出した。
「Bells will ring out for our love」という歌詞が浮かんだのだ。
ホントめでたし、めでたし!だよねぇ。

最近のお気に入り”Dance 'Til We're High”のPV
歌詞にあるとおりポールは真冬の装い。
首にマフラーを巻いたラフな格好のポールが
チャーミングなしぐさで遊園地を歩き回り
そこで会う人たちと楽しげにやり取りをする。

いいんだよね〜この飾り気のないポールの動きが。
ワタシもポールにハグされてみたい〜(爆)


4

2009/8/15

時代  

クリックすると元のサイズで表示します

ワタシの手元に一枚の古い写真がある。
写真の裏には
「昭和十九年十二月十五日 最後の外出」
と書かれている。

7つボタンの制服姿のふたり、彼らは当時17歳。
右腕には錨のマーク。
”海軍飛行予科練習生”というのが
彼らの正式名称だった。

”海軍飛行予科練習生”略して、予科練。
予科練は第二次世界大戦時の
日本の海軍飛行兵養成制度のひとつ。
志願制だったそうだ。
(ウィキペディアより)

第二次世界大戦時
日本の戦局の悪化とともに
予科練の若者たちの多くは特攻隊として
片道燃料のみで出撃し、体当たり攻撃で命を落としたという。

さて、この写真だが
アタマひとつ高く、隣りの同期生の肩に手をかけているのが
ワタシの父である。

というわけで
父は戦争で命を落とすことはなかったのである。
彼がいなければワタシは生まれていなかったのだから。

その昔聞いた話によれば
父の出撃前に日本が降伏し、戦争が終結したのだと。

父はワタシが小学校一年生の時に、母と離婚した。
事業に失敗し、多額の負債を抱えたためだ。
しかし、両親の離婚後も
高校を卒業する頃までは
母公認でたまに父と会っていた。

父は口数が少なく、おとなしくて
わりとそっけなく、あまり父親らしい感じがしなかった。
なので親として尊敬できるかというとビミョーだった。
(それでもワタシは父をキライにもならなかったが)

そんなタイプの父でも
「時代」が彼を予科練に向かわせたのだった。
国を挙げて戦争に突入していった、あの時代。
あんなにおとなしい父が特攻隊に志願していたなんて
ワタシには信じられないことなんだけど。

けれど、写真は真実を語る。
この写真を見るといつも心に誓う。
絶対にあの時代をくり返してはならないと。

8月15日、今日は終戦記念日。
6

2009/8/14

追悼 Les Paul  Music

ニューヨークの病院で13日、レス・ポールが亡くなった。
94歳だった。

昨年の9月に観た、彼のドキュメンタリー映画では
「今でも現役でライブをやっている、すごいじいさん」

100歳になっても続けて欲しいと思っていたけれど
残念ながらそれは叶わず・・・
レス・ポールは伝説の人となった。

彼が生んだエレキ・ギター”レス・ポール”は
世界中のギターマンに愛された。

今日の朝日新聞夕刊には彼の訃報とともに
ポール・マッカートニーとの楽しげな写真。

マッカもきっと残念に思っているよね。
同時に心から感謝していることだろう。

レス・ポールさんのご冥福をお祈りします。


クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/8/5

Alice in Wonderland  

しばらくジョニー・デップの話題がないなぁ〜と思っていたところ
7月半ば頃にトンでもない画像が公開されていた。

クリックすると元のサイズで表示します

これはティム・バートン版「不思議の国のアリス」で
帽子屋(the Mad Hatter)に扮しているジョニー。
白塗りで過激なメイクは、おどろおどろしいほど。
やはりティム・バートン監督ならでは、である(苦笑)

英国好きでビートルズ好きで猫好きのワタシには
「不思議の国のアリス」ははずせない。
ディズニーの可愛いアニメももちろん大好きだけど
童話のはずなのに
実は恐ろしげなエピソード満載の原作もたまらない。

シニカルでシュール
想像力をかきたてるストーリー
大人になってから読んだ方が断然面白かった。

ティム・バートン版「不思議の国のアリス」が製作されると聞いて以来
どんな内容になるのか密かに楽しみにしている。
公開は来年の春かぁ・・・早く観たいなぁ。
1

2009/8/1

revival  

そろそろ復活しないと。

更新せずにいる駄ブログに
毎日おいでいただき恐縮です。

実は、ポールに会いに行っていました
・・・ウソです。
すっかり夏マケしていただけでございます。

8月になったので、そろりと書き始めたいです。

レスをくださっていた方々には
とっても遅くなっちゃったけど
必ず後からお返事します。


ど〜もすいません(三平風に)
0




AutoPage最新お知らせ