2006/3/22

A BIGGER BANG TOUR  Rock

今夜はローリング・ストーンズ来日公演初日。
連れ合いと一緒にアリーナFブロックで観た。

クリックすると元のサイズで表示します

19時を少し回って前座のアーティストが演奏を始める。
おっ、ギター上手いじゃん、と思いながら観ていた・・・と言うより
聴いていた(爆)
何しろワタシらの席はアリーナとは言え
ほとんど一番後ろに近い一角。
座ったままだとステージ両脇のスクリーンを観るのもやっと。
ストーンズが出てくれば真ん中の大きなスクリーンで
観れるのだろうけどねぇ・・・。
(しかしこの諦めはマチガイだったと後でわかった)
この前座、後で調べたらミスター・ビッグの人たちだった。
ちゃんと聴いていた人はほとんどいなかったんじゃないかな。
ちょっとかわいそうだったけど仕方ない。
とにかく皆が待ってるのはストーンズだけなのだから。

前座の演奏が終わりしばしストーンズの登場を待つ。
この時間の楽しいこと〜〜〜だんだんワクワクして来た。
合間にはTレックスの曲が流れたりして
そういうのもちょっと嬉しい。
そして20時を少し回った頃、会場内が暗転
やっとご本家登場!きゃぁぁぁ!ストーンズだぁ〜!

うひゃ〜のっけから Jumpin' Jack Flash だよぉ〜。
待ちに待ってた感も重なって、会場内は異常な盛り上がり。
次は Let's Spend The Night Together だ。
うんうんっ!今夜は一緒に過ごさせてもらうね〜なんて
ミックに向かって心の中で呟く。
She's So Cold に続いてミックが日本語でMC
「ツギハ、シンキョクデス」
Oh No Not You Again だった。

ミックはたくさん日本語MCをやっていた。
サービス精神旺盛である。
しかし、なかなか聞き取れないMCもあったり。
ワタシ、耳あんまり良くないかも(汗)

Sway の後、キースのエレアコでミックが歌う As Tears Go By
泣かせてくれるよなぁ。
しっとりしたかと思うといきなり Tumbling Dice だもん
またドーンと盛り上がっちゃう会場。
う〜ん、何と絶妙な選曲なのだろう!

ニュー・アルバムからの Rain Fall Down
これが超ファンキー!
手拍子しながら踊りまくってしまった。
キースとロンのギターがたまらなくカッコ良い。
ライブで聴くとアルバムよりさらに曲に奥行きが出る感じだ。

スクリーンに大きくレイ・チャールズが映ると
Night Time Is The Right Time が歌われた。
レイもあの世で喜んでるに違いない。

そしてキースのコーナー。
ロンがスティール・ギターでサポートする。
ニューアルバムからの This Place Is Empty
良い曲だよねぇ・・・このライブで聴いてまた好きになった。
Happy を歌い始めると会場から大きな拍手。
キースは終始ご機嫌な様子。
ロックおやじがニコニコしながら好きな歌を好きに歌ってる。
いつもは”渋い”イメージのキースだけど
こんな彼を観ていると”カワイイ”という言葉がピッタリ。
永遠の不良少年、ステキ過ぎるぅ。大好きだよ、キース。

Miss You を演奏するストーンズのステージが
ゆっくりと移動し始めた。
おおっ!こちらに向かってくるっ!
凄いぞ、凄いぞ〜〜〜!
ワタシらの席の10mくらい先まで来たストーンズ。
こんなに近くでストーンズを観たのは初めてだ。
嬉し過ぎ〜〜〜!
ステージがストップして始まったのは Rough Justice だ。
うわぁ〜〜〜スーパー・ボウルのライブみたい〜〜〜。
ストーンズは4人4様の動きをしているのに
狭いステージ上で完璧に融合している。
それはもう、様式美に近い。
不思議なことに、すぐそこにいる生身のストーンズたちが
等身大の精巧に動くフィギア人形のように思えてしまった。
それほどまでに完成された美しいパフォーマンスだったからか。

夢かと思うような間近のストーンズ。
Get Off Of My Cloud の後、Honky Tonk Women を演奏しながら
ステージが再び動き出した。
遠ざかるストーンズに向かって、たくさんの観客が手を振る。

Sympathy For The Devil に続いた
Paint It Black ではロンのプレイするエレキ・シタールが聴けた。
シタールの音色にはどうしても過剰反応してしまうワタシ。
良いよなぁ〜この曲。
チャーリーのドコドコ鳴るドラムも曲を盛り上げる。

その後は有名曲のオン・パレード。
Start Me Up ではミックに習って下から上へ腕を振り上げ
Brown Sugar では Yeh!Yeh!Yeh!Fuu〜!と叫び
ライブは最高潮。
アンコールの You Can't Always Get What You Want の時は
ミックが日本語で「イッショニ、ウタッテ」
ええ、もちろんっ!

そしてついにライブが終わる時間となった。
(I Can't Get No)Satisfaction
ストーンズ、ホントにホントにありがとう!
素晴らしいライブだったよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

今回のライブはこれまでのライブの集大成だったように思えた。
巨大なステージ・セットはただ大きいだけでなく
ライティングもかなり凝っていたし
スクリーンに映し出される映像も工夫されていた。
曲の構成も申し分なくて、とてもバランスが良かった。
一緒に行った連れ合いの感想は
キースとロンのギター・プレイが前面に出るように考えられた
アレンジだったのではないか、とのこと。
そのためか、よりエンターテインメント性が生きていた気がした。

ところでワタシはチビのため
今回は久々に小道具持参でライブに臨んだ。
それは知る人ぞ知る、コギャル・サンダル(爆)
15.5cmヒールは大いに役立った。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし
これを2時間履いて立ちっぱすると足が死ぬのだ。
きっと明日は
足の痛みがBIGGER BANG!(大汗)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/3/27  12:51

 

3月22(水)東京ドーム
3月24(金)東京ドーム
3月29(水)札幌ドーム
4月5(水)名古屋ドーム
                                                                             ... 

2006/3/25  23:19

 

3月から4月にかけては歓送迎会のシーズンとなるが、私もここのところ連日宴席が続いている。今年は、送り出しそして迎える側である。

話は脱線するが、書き出しで「歓送迎会」と表記するところをミスタイピングで「乾燥外科医」となってしまった。あまりに滑稽だった... 




AutoPage最新お知らせ