2006/5/19

なんだかんだと  Paul McCartney

ポールとヘザーの離婚についてあちこちで話題にしている。
ワタシもつい書いちゃったが・・・

でもね、今はふたりをそっとしておいてあげたい。

一昨日からいろんなブログを見た中で
一番共感できたのがMさん(男性)のブログ。
直接お知り合いではないのでリンクはできないけど
ポールへの真の愛情を感じるので
お断りもせずに引用してしまいます。
Mさん、ホントにごめんなさい!

********************

ポールはこれからしばらくの間
今まで以上にいろんなことを言われるのだと思う。
たくさんの人が好き勝手なことを言い出すのだと思う。
ときにもっともらしい顔をして、ときに心配そうな顔をして。
目に浮かぶぜ。
そんな奴らは全員この世からいなくなればいいんだ。

こんな声明(torami注:ポールとヘザーの共同声明)を出したところで
本当の気持ちなんて
とても言葉で説明しきれるものじゃないだろう。
ポールが自身の公式サイトに寄せたコメントは
もっと正直で、つらく悲しいものだった。
やり場のない怒りを必死になって押さえているのが伝わってくる。
なぜだ?あんなに世界を幸せにしてくれた人が
どうしてこんな思いをしなければならないのだろう?
 
善人も悪人も偽善者もいらない。
どうでもいいから、とにかくポールには幸せであってほしい。
ただそれだけだし、そのためにできることがあるなら
どうか教えてほしい。
なにもないのなら、せめてくだらない報道には耳をかさないで
そんな暇があったらポールのレコードを聴いていようと思う。

がんばれポール!元気だせ!ずっと応援してるよ。

********************

Mさん、ありがとうございます。
ワタシはあなたの文章に癒されました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ